にーはお!fumiです!

 

インフルエンザが大流行の兆し!?です。

 

画像元
https://www.irasutoya.com/

 

ということで、今年のインフルエンザの特徴や症状などをみていきたいと思いますよ!

インフルエンザにはかかりたくないっ!

 

スポンサードリンク

 

インフルエンザ2019の症状や流行りは?

画像元
https://www.irasutoya.com/

 

一般的には下記の症状が出た場合は、インフルエンザの疑いがあるといわれています。

 

●38℃を越える高熱がある
●寒気・震え
●倦怠感
●関節痛・筋肉痛
●頭痛
●喉の痛み
●咳(起こらない場合もある)
●鼻水
●くしゃみ

引用元
https://matome.naver.jp/

 

特に高熱が出た時には、インフルエンザにかかったと気づくことが多いですよね。

 

そんなインフルエンザは昨年大流行!ワクチンが追いつかないほどだったのは記憶に新しいですよね。

今年は下記の4つの種類のインフルエンザが流行の兆しがあるということです。

 

・シンガポールA型

・香港A型

・プーケットB型

・テキサスB型

 

特に上の二つが危なく、シンガポールA型は、人間の免疫力が落ちたときに感染しやすいと言われています。

また、香港A型はの症状は大変重く、

  • 熱性の痙攣
  • インフルエンザ脳症
  • 高齢者は合併症で肺炎

とかなりやばめの症状を発症するんですね。

 

子供や高齢者に感染しやすいというのも特徴です。

 

スポンサードリンク

 

対策は!?

画像元
https://www.irasutoya.com/

 

調べたところ、下記の5つが重要ですね。

 

・手洗い、うがい

・健康管理をしっかりする

・予防接種を受ける

・適度な湿度を保つ

・人ごみや繁華街への外出を控える

 

特に一番下のたくさんの人がいるところにいったあとに感染することが多いような気もしますね。

しかし、出勤退勤とどうしても満員電車にゆられないといけないなどは大変きついです。

そういう場合は手洗いうがいをしっかりすることによりある程度回避できそう。

 

また、今年のはやりとして、疲れている人が感染しやすいというのも。

寒い日が続きますが、たくさん食べてしっかり寝る、このことに勝るものはないでしょう。

 

スポンサードリンク

 

東京や関東の現状は?

 

最後に東京都の感染者についてですが・・・

 

東京都での25箇所の病院で、インフルエンザと診断され入院した患者は12月末で60人です。

1月に入り、少し落ち着いていますが、例年の状況を考えるとこれから、増えます。

 

東京都の一般病院数は約600ですから、単純に計算すると、患者数は1,500人弱ということに。

そして、ピークである1月半ばと末が大変怖いです。

 

まとめ

 

ということで、インフルエンザ2019についてでした!

 

毎年嫌になりますよね・・・

寒いのに、外に出てインフルエンザをもらうなんて・・・

しかし、出社はしないといけないし、状態です。

 

今年はくれぐれも疲労に注意する!というのがポイントになりそうです。

 

それでは!

 

スポンサードリンク