にーはお!fumiです!

 

驚きのニュースが!

 

画像元
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

日本原子力研究開発機構は30日、茨城県東海村にある核燃料サイクル工学研究所の放射線管理区域内で放射性物質漏れがあったと明らかにした。人への影響は確認中としている。午後6時半から記者に説明する。

引用元
http://news.livedoor.com/

 

戦慄の短文です。

東海村では、臨界事故も以前発生していますし、その悪夢が一瞬よぎりますよね。

それにしても、核燃料サイクル工学研究所もかなり謎ですが・・・?

 

 

核燃料サイクル工学研究所(東海村)の場所はどこ?

画像元
https://www.jaea.go.jp/

 

核燃料サイクル工学研究所は、その名のとおり、

核燃料をサイクルについての技術を開発している施設だということです。

原発の関係で、この施設があるということですね。

よって、この施設は研究したりする場所ですが、使用済み核燃料があったと思われますね。

 

場所はこちら!

 

ちなみに、この施設は国立ですね・・・

 

スポンサードリンク

 

放射線物質漏れの理由はなぜ?原因は?

画像元
https://mainichi.jp/

 

原因については以下になります。

 

日本原子力研究機構によると、茨城・東海村にある核燃料サイクル工学研究所で、30日午後2時24分ごろ、核燃料を保存している「グローブボックス」と呼ばれる容器の中から部品を取り出したところ、放射性物質を検知する警報が鳴ったという。

引用元
https://www.fnn.jp/

 

ということは、このグローブボックスになにか欠陥があったのか・・・

しかし取り出したときに警報が鳴るというのも変ですよね。

なにか裏があるような気がしますが・・・

 

 

ちなみに、こちらがグローブボックス。

当時は作業人が9人いて、被ばくしたかどうかは確認中とのことです。

 

スポンサードリンク

 

みんなの世論

 

 

 

 

 

まとめ

 

ということで、東海村の事故についてでした!

 

正確な情報が出てくといいのですが・・・

いまのところ、付近に影響はなしといいますが。

この9人が大丈夫なことを祈りましょう。

 

それでは!

 

スポンサードリンク