にーはお!fumiです!

 

訃報が届いてきました。

 

画像元
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/10/news063.html

 

がん闘病中だった漫画家のくりた陸さんが、亡くなったことが明らかになった。秋田書店の公式サイトで10日、発表された。

秋田書店エレガンスイブ/フォアミセス編集部は、「去る7月4日未明、漫画家くりた陸先生が逝去されました。フォアミセス8月号の巻頭カラー100pを描き切った直後、フォアミセス発売日の翌日のことでした」と発表。くりたさんは再発したがんが全身に転移し、その影響で左目の視力を失って日常生活もままならない状態だったという。

引用元
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-01853200-nksports-ent

 

漫画家のくりたさんが亡くなったというニュースなのです。

 

くりたさんは乳がんを患わっており、一度は回復へ向かったものの、再発。

全身に転移し、左目の視力を失いながらも執筆活動を続け、漫画を書ききった後、亡くなってしまったんですね。

 

なんともやりきれない悲しいニュースですね・・・

 

スポンサードリンク

 

くりた陸さんのプロフィールは?

 

まずはプロフィールから!

くりた 陸(くりた りく、本名:岸本 摩由美(きしもと まゆみ)[1]、 1962年[2]10月18日 – 2017年7月4日[3])は、日本の女性漫画家青森県出身。血液型はB型。

少女漫画誌『少女フレンド』 (講談社) などで、恋愛やファンタジーなどの作品を掲載。その後、『デザート』や『BE・LOVE』 (いずれも講談社)などの女性漫画誌で、大人の恋愛や家族の愛情を描いた作品を発表し活躍。小説映画を原作とする作品や小説のイラストも手がける。

引用元
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%9F%E9%99%B8

主に少女漫画を手がける漫画家で、年齢は55歳ですね。

まだ早いですよね・・・

 

2003年に乳がんの宣告を受けた際はもうステージⅢの末期状態。

五年生存率は50%以下と言われながらも手術をし、術後は良好。

しかし、2012年に転移がみつかり、それからは延命処置をしながらといった様子だったんですよね。

 

しかし、その状態でも漫画を書き続けというあたりはまさにプロ魂とでもいいましょうか・・・

 

 

 

ゆめいろクッキングあらすじ!

 

画像元
https://fundiy.jp/project/C3EIw93jKqqIeCaO

 

主な代表作の一つにゆめ色クッキング」という作品があります!

 

あらすじを簡単にどうぞ!

高校生芹香はお料理が得意な女の子。ある目的があって北海道から東京に転校してきます。そこで出会ったグルメ雑誌の編集者南野。
学校の仲間たち。みんなのためにお料理で幸せに、を頑張る芹香。彼女の目的は果たせるのか。
当初はこの一巻のお話で終わるはずだったお話です。しかも、この一巻のみどころは絵です。なかなかフレンドでは売れなかったくりた。
営業で「マガジン」でも描きました。その影響か最初のほうが少年漫画よりになっております。そのへんもお楽しみください。

引用元
https://www.mangaz.com/book/detail/41381

 

第一巻の発売が1988年ですから、料理漫画の創世記を支えた作品といえるのではないでしょうか!?

単行本は7巻まで続きました。

画像元
https://www.ebookjapan.jp/ebj/336978/

 

続編も連載しましたが、連載終了後、

連載中に書ききれなかったパリ編の執筆もしているんですねー

 

このパリ編が、クラウドファンディングでお金を募集し、無事成立。

そして書ききったということなんです!

 

まさに不屈の闘志ですよねー

その際のリンクがまだ残ってました!

 

https://fundiy.jp/project/C3EIw93jKqqIeCaO

 

書ききれてよかったなぁーと思う次第です。

 

スポンサードリンク

 

最後の作品は?

 

また、その他の作品としては、「くじらの親子」「オレの子ですか?」等ありますね。

 

ちなみに前述した最後の作品はフォアミセス8月号にあり、

「娘とともに・・・」

という題名になっています!

 

末期ガンで闘病中の著者が、娘に贈るメッセージ。
渾身の巻頭カラー100P!!
コミックス9/15発売決定!!

現在、乳がんが再発し、内臓や骨・脳に転移。そのため左目を失明しながらも描きあげた、自伝的な家族の物語。
己の人生を振り返りながら、娘に贈る言葉とは。
6Pのショートエッセイ『「娘とともに…」を描き終えて』つき!

引用元
http://www.akitashoten.co.jp/formrs

 

もう涙なしにはみられない作品となっているようです。

残念ながら遺作となってしまいましたが、ぜひ作品をみてみましょう!

 

http://www.akitashoten.co.jp/formrs

 

ファンだけではなくみなさん要チェックです!

 

 

まとめ

 

ということで、くりた陸さんについてとりあげてみました!

最後までマンガ家として生き、作品を書ききるという姿勢がまさに立派ですよね。

 

ワタシもこういう状況になったときに仕事を最後までできるかな?と考えてしまいます。

 

そんなことを考えさせられるニュースでしたね。

 

それでは!

 

 

スポンサードリンク