にーはお!fumiです!

 

今回は紛糾を告げる政治ネタです!笑

 

安倍首相が内閣の改造を示唆していて、3日にその人事が発表されるのですが、防衛相小野寺五典(いつのり)氏が内定したということなんです!

 

画像元
https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

 

内閣改造を3日に控え調整が本格化している。日報問題で混乱した防衛省の立て直しに向けて小野寺元防衛相の防衛相への起用が内定した。

防衛省は南スーダンに派遣されていた自衛隊の日報問題をめぐり隠蔽(いんぺい)体質が指摘されたほか、情報の内部リークが相次ぐなど閣僚によるシビリアンコントロールが利いているのか疑われる事態に陥っていた。そうした状態から組織を立て直すため安倍首相は第二次安倍内閣で防衛相を勤めた小野寺元防衛相を再び防衛相に起用する方針を固めた。

引用元
https://headlines.yahoo.co.jp/

 

人を見た目で判断するのはいけませんが、なんだかちょっと悪いことを企みそうな顔をしていますね苦笑

写真が悪いだけなような気もしますが・・・

 

ということで、今回は防衛相に内定した小野寺五典氏について!

 

 

スポンサードリンク

 

小野寺五典氏の経歴は?評判は?

 

画像元
https://www.youtube.com/

 

まずはその経歴から!

 

生年月日 1960年5月5日(57歳)
出生地  宮城県気仙沼市
出身校 東京水産大学水産学部(現:東京海洋大学海洋科学部)
東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了
前職 地方公務員(宮城県)
東北福祉大学助教授
所属政党 自由民主党(岸田派)
称号 法学士

引用元
https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

出身が宮城県気仙沼市なんですね。

東北大震災で被災した場所で、小野寺氏の自宅や実家も全壊したということです。

 

長く宮城県庁にて水産資源の研究をしていましたが、1997年に衆議院選挙に自民党で立候補。

その後政治家としての人生を歩むことになります。

 

2000年に公職選挙法の寄付行為をおかしたとして、一時議員を辞任しますが、2003年にカムバック。

 

第一次安倍内閣では外務副大臣に任命され、ここで安倍首相との接点が生まれています。

 

2012年 – 2014年まで第二次安倍内閣で防衛大臣に就任したこともあり、今回が二度目の防衛大臣となります。

 

 

稲田元防衛大臣の発言や日報問題で信頼を失っている防衛省に経験のある大臣を任命することで信頼回復に勤めるということなんですね。

 

評判については、概ねいいイメージが多いようで、防衛大臣を勤めていた時の堅実な防衛省の運営が評価されているんですね。

 

 

これはたぶん前述の公職選挙法に触れたという経験があり、同じテツは踏まないという意識が強いのかもしれません。

ですので、今回の小野寺氏の内定は満を持してといった感がつよいですよね。

 

 

 

妻や息子は?

 

小野寺氏のご家族についてですが、あまり情報がなく・・・

奥様については、被災の際に気仙沼にいたことがわかっています。

被災を乗り越えて、夫を支えている政治家の妻というイメージですね。

 

そして息子さんについては、ふたりいることがわかっています。

こちらも情報がなく・・・

もしかしたら政界に進出しているかもしれません。

 

 

スポンサードリンク

 

 

女性スキャンダルは??

 

そして、政治家にとっては死活問題のスキャンダル。

 

過去には2007年に差出人不明の怪文書が当時の民主党と国民新党の幹部11人送られたということ。

小野寺氏が自民党の元秘書の愛人と沖縄旅行に出かけたという内容だったらしく・・・

 

 

こちらについては真偽不明なんですね。

事務所は全否定したらしいですし。

 

ただ、その文章には泊まったホテル名や愛人の名前まであったらしく・・・

 

この問題がぶり返されることはあるのでしょうか・・・はてさて!?

 

 

まとめ

 

ということで、防衛相に内定した小野寺氏についてでした!

 

いろいろ調べましたが、まぁ堅実な政治活動をしてくれるのではないでしょうか!?

 

ただ、女性スキャンダルにだけは気をつけなければいけませんね。

前科??があるだけに・・・

(ないのかもしれないけど)

 

 

それでは!

 

 

スポンサードリンク