にーはお!fumiです!

 

先日、吉本晴彦さんが老衰のため死去したことを当ブログで取り上げました!

 

画像元
http://www.sankei.com/west/photos/170815/wst1708150038-p1.html

 

JR大阪駅前の円筒形の高層ビル「大阪マルビル」(大阪市北区)の運営会社の元会長、吉本晴彦(よしもと・はるひこ)氏が、5月30日、老衰のため死去していたことが15日、分かった。93歳。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻、初子(はつこ)さん。

大阪マルビルは吉本氏所有の土地に、昭和51(1976)年に開業。高さ約120メートルの建物の最上部に、全国初のリング式電光表示盤によるニュース速報を掲示し、「電光ニュースのマルビル」として名物となった。

引用元
http://www.sankei.com/west/photos/170815/wst1708150038-p1.html

 

先日は吉本さんのその半生を取り上げたのですが、やはり気になるのはインパクト抜群のネーミングの「大日本どケチ教」ですよねー笑

 

ということで、今回はその「大日本どケチ教」をもう少し掘り下げてみたいと思いますよー!

 

 

スポンサードリンク

 

 

大日本どケチ教とは何?その教えは?

 

画像元
https://twitter.com/lp1gqeumabkv5ls

 

その大日本どケチ教なのですが、実はいまや存在していない団体だそうです。

 

もはや伝説化してしまい、噂だけが一人歩きしているようですね。

ただ、存在していたことは確かで、団体というよりも吉本さんのお金に対する考え方となっていたんですね。

 

曰く、

「ケチのケは経済のケでチは知恵のチであり、無駄な金(死に金)は使わないが必要なお金(生き金)は惜しみなく使う」

 

お金を全部節約すればいいということではない。

ケチは無駄なお金は使わないということであり、しぶちんはお金をまったくつかわないということなんですね。

 

「大日本どしぶちん教」ではないということは・・・そういうことですよね笑

 

ちなみに関西人以外には聞きなれない「しぶちん」という言葉。

 

シブチンとは「渋い」に人名や人および人の特徴の後に付けることで親しみや軽い軽蔑の意味を持たせる「ちん」をつけたもので、渋い人を意味する。 ただし、ここで言う渋いとは金品を出し惜しみするという意味の渋いであり、ケチな人を意味するけちん坊に通じる言葉である。

引用元
http://zokugo-dict.com/12si/sibuchin.htm

 

ワタシは関西人ではないんですが、山崎豊子先生の著作に「しぶちん」があるのでしっている言葉ではありました。

 

ということで、このケチとしぶちんの考えが大日本どケチ教の核となっていそうなんですねー

 

 

スポンサードリンク

 

 

みんなの世論

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は大日本どケチ教についてでした!

 

やはりいろいろ調べてみても吉本さんは愛されていたんだなぁーということがわかりましたね。

そんな愛されるべきどケチ吉本さんが死去されたということで、大阪は惜しい人をなくしたんだなぁーというのが実感できました。日本は。かな苦笑

 

ご冥福を心からお祈りいたします。

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

 

 

スポンサードリンク