にーはお!fumiです!

 

先日の太陽フレア襲来の際は出てくるワードが全部初めてすぎて、片っ端から当ブログで取り上げました笑

 

画像元
http://univ-study.com/archives/1598

 

太陽フレアによって発生された大量のコロナガスが8日の朝から地球に降り注ぎ、各地でオーロラなどが観測されました。

 

そして、これは科学的には実証されていませんが、各地で地震が起こっていたんですね。

とくにメキシコ地震が大きい規模で・・・これは太陽フレアの影響だったのでしょうか??

 

そして、本日発表されたニュースによると、明日も太陽フレアによるコロナガスが地球に到達するというのですっ!

 

大規模な太陽フレアが、再び発生した。

情報通信研究機構(NICT)が、日本時間9月11日午前0時35分ごろ、太陽の表面で大規模な爆発現象が起きる「太陽フレア」が再び起こったと発表した。

引用元
http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/11/solar-flare_a_23203855/

昨日の夜に再び大きな太陽フレアが発生。

明日12日に地球に到達するんです!

 

 

スポンサードリンク

 

 

太陽フレア到達は12日のいつで何時?爆発の規模は?

 

画像元
http://www.aurora-tour.com/

 

6日に発生した通常の約1000倍規模の爆発よりも小規模ではあるが、今回発生したものも最大クラスで、通常の800倍の規模にあたるという。

引用元
http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/11/solar-flare_a_23203855/

 

爆発の規模については通常の800倍

前回が1000倍でしたから、前回の20%オフというところですね笑

 

それでも20%オフですから大きい規模であることに間違いはないんですね。

 

 

問題は地球到達の時間ですが、日本時間で12日未明というので、本日の深夜ということでしょう。

12日の深夜0時以降ですね。

 

 

ですが、8日の太陽フレアによるコロナガスの到達については午後15時到着予定だったのが、爆発規模が想定よりも大きかったため、6時間早く午前9時には到達していたんですね。

なので、もうすでに到達している可能性もあります(22時現在)

 

 

スポンサードリンク

 

 

通信障害はある?

 

8日の太陽フレアの際に言われていたのは、通信障害停電があるかもということでした!

ですが、通信障害についての被害はとくにありませんでした。

 

なので、今回も通信障害はないかもしれませんが、用心するに越したことはないですね。

また、停電についても引き続き注意をしましょう。

 

1989年の太陽フレア発生の際にはカナダのケベック州一帯で停電がありましたから、気をつけたほうがいいですよね。

 

 

まとめ

 

ということで、太陽フレアが明日12日に到達について取り上げました!

 

一難さってまた一難。

 

通信障害などがなくホッとしたのですが、もし地震と関係があったなら明日の到達も怖いですよね。

明日は外出等気をつけたほうがいいですね!

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク