にーはお!fumiです!

 

こんなニュースが報道されていますね!

 

画像元
http://toyokeizai.net/articles/-/80598

 

中国当局が今月中旬、北京などの旅行会社に対し、日本行きの観光ツアーを制限するよう通達を出したことがJNNの取材でわかりました。

関係者によりますと、当局からの通達の内容は地域によって異なっていて、首都・北京では一部の旅行会社に対して今月中旬、「日本への団体旅行を減らすよう」口頭で通達があったということです。山東省や大連市などでは、各旅行会社に今年1年間に許可する具体的な人数の割り当てが伝えられていて、すでに割り当て分を販売したとして、日本向けのツアーの受付をストップする会社も出始めています。

引用元
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170921-00000090-jnn-int

 

これは観光産業にいる人にとっては気になるニュースですよね・・・

中国当局が日本へのツアー旅行の制限をしているという報道です。

 

今回はこちらのニュースを調べてみました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

中国当局日本ツアー制限の理由や原因は?

 

画像元
http://www.recordchina.co.jp/b52493-s0-c40.html

 

どういう制限内容なのかといいますと・・・

 

「当局から通達がありました。『(日本への)団体ツアーを停止せよ』と。数日前から販売を停止しています。(通達の)理由は分かりません」(山東省の旅行会社)

引用元
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170921-00000090-jnn-int

 

この報道を見る限り有無をいわせず全てストップとなっているよう。

何組までなどという限定のある制限でもないんですね。

そしてその理由はわからないということ。

 

考えられる原因としては、資本の海外流出を食い止めるため、らしいんですね。

 

中国は来月初めに国慶節という中国の誕生日の大型連休があります。

この大型連休は海外旅行する人がとても多いんですね。

 

逆に中国国内旅行が少ないくらいで。

ぜひ、その連休で中国国内で需要を増やしてほしいという狙いがあるかと思われます。

「爆買い」なんていう言葉も流行りましたもんね。

 

 

ただ、なぜそれをこんなに直前にするのかというのが腑に落ちませんね。

やるのであればもっと前からする必要がある。

 

 

そしてこの措置が日本のツアーだけであればもっとおかしいですよね。

中国の旅行先で1番多いのはやはりアメリカヨーロッパですから。

 

 

と、ここで考えられるのが、北朝鮮の問題が絡んでいるのではないかということ。

北朝鮮については、アメリカが喧嘩腰でそれを諌めているのがロシアや中国というのが最近の構図。

 

というのもやはり北朝鮮は中国が人民解放軍を送っていなかったらこの世に存在していない国ですし、金日成はロシアが連れてきたといわれています。

ですので、なんらかの連絡がとられていておかしくはなく。

この時期に大量に中国人が日本にいるのは危険だという判断なのかもしれません。

 

あくまでも予測ですが苦笑

 

 

スポンサードリンク

 

 

今後の復活はいつ?

 

画像元
http://www.iza.ne.jp/topics/economy/economy-9110-m.html

 

 

というわけで、この措置は来月の大型連休にむけたものであるのは確実でしょう。

資本流出ということであればなおさら、「日本にいけないなら国内旅行でもするか」と思う人が1000万人はいるかもしれませんので苦笑

 

ただ、経験上(中国在住経験あり)中国の場所によっては国内旅行よりも東南アジアにいってしまったほうが安くついたりするんですよねー

全て制限すると反発があるだろうから、まずは日本ぐらいからという当局の意図もあるかもしれませんね。

 

ということで、来月の大型連休が終わる頃にはこの制限も少しづつ解かれていくのでは?と思います。

北朝鮮のことが関係ないのであれば・・・

 

 

 

まとめ

 

中国当局のツアー制限についてでした!

 

中国は民主主義の国ではありませんから、こういうことは一切の議論なく進められます。

(共産党内で話し合いはあるとは思いますが)

ですが、どういう話し合いがされているかは外野はわからないんですよねー

 

今後もこういったニュースに注意していきたいところです。

それでは!

 

 

スポンサードリンク