にーはお!fumiです!

 

先日から何度かメキシコ地震を当ブログでも取り上げていますが・・・

 

速報でなんとまたメキシコで地震があったというのです!

 

画像元
https://mainichi.jp/articles/20170920/k00/00e/030/241000c

 

 

【メキシコ市時事】大地震に見舞われたばかりのメキシコで23日、再び強い地震があった。

米地質調査所(USGS)は、マグニチュード(M)6.2と速報、震源は南部のオアハカ州とみられる。

引用元
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000121-jij-int

 

 

これで、この短期間に三つのマグニチュード6を越える地震があったんですよね。

 

怖いのがそれぞれの余震などではなく、それぞれが独立した地震であるということ!

 

ということで、なぜこんなにメキシコで地震があるのかと、今回のオアハカ州地震の震源地を調べてみました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

メキシコ地震多発の原因や理由は?なぜ?

 

画像元
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-41343542

 

 

それにしてもなぜ、メキシコでこんなに地震が多発するのでしょうか・・・?

素朴な疑問が湧きますよねー

 

地震の発生原因としては、やはりプレートが関係してきますよね。

メキシコが乗っているプレートとしては、ココスプレート北アメリカプレートがあります。

 

このプレート同士が重なりあうようになっているんですが(北アメリカプレートの上にココスプレートがある)

1985年には、このプレート同士の活動が関係して、大規模な地震があったんですね。

メキシコはこのプレートの境界に位置しもともと地震がおきやすいところではあります。

 

 

そこに、今回メキシコの南部でマグニチュード8の地震が起きました(9/7)。

震源地はチアパス州沖だったんですが、この地震でプレートが動いてしまったんですね。

 

(ちなみにチアパス州沖の地震は太陽フレアが原因では?というのも当ブログでは取り上げてみます。記事下部参照)

 

 

それがきっかけで地震が発生しやすい状態になってしまっているのが原因と言われています。

ということは・・・今後も地震が起きる可能性があります。

 

 

プレートがちょうどいいところまで収まるまで地震は起き続けるのでしょうか??

メキシコに在住の方はお気をつけください!!

 

 

スポンサードリンク

 

 

オアハカ州(震源地)の場所はどこ?

 

画像元
http://icojapones.blogspot.jp/2016/08/blog-post_15.html

 

そして、今回地震が起きたと報道されているのがメキシコ南部のオアハカ州

 

オアハカ州はメキシコで五番目に大きい州。

オアハカ市については、街の規模が小さくとても住みやすい街なんですねー

 

また、モンテアルバンという遺跡が世界遺産になっていて、メソアメリカ文明を考える上では非常に重要な遺跡なんですねー

 

 

さて、それでは場所をみてみましょう。

 

 

場所を見てみると、9月7日に起きたチアパス州沖の地震があった、チアパス州の西隣り

そして、先日地震が起きたプエブラ州の南に位置しているんですね。

 

ということは前述のココスプレートと北アメリカプレートの境界がこのあたりにあるということがわかるんですねー

 

 

今後も地震が起きないことを祈るばかりです。

 

 

まとめ

 

ということで、メキシコ地震多発の原因でした!

 

今回はマグニチュード6ということで、これまでの地震よりは小さいですが、決して小さくはない規模ではあります。

メキシコにお住まいの方は不安な日々が続きますね・・・

 

また大きな地震が起きないように・・・

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク