にーはお!fumiです!

今回は、今日の深夜24時25分からNHKの旅するスペインイゲルド山が取り上げられるようです!

はて、イゲルド山?ということで今回はイゲルド山について調べてみました!

画像元
https://www.tripadvisor.jp/

 

おぉーなかなかいい景色です!イゲルド山!「モンテイゲルド」はスペインで人気のデートスポットのようです!

 

スポンサードリンク

 

イゲルド山の行き方や場所は?

 

イゲルド山はスペインのバスク州のサン・セバスチャン市にあります!

場所はこちらですねー

バスク地方ですから、フランスとの間ですね。このへんは文化も独特らしく、面白そうです!

 

サンセバスチャンの中心地からは、バスの5番や25番は
比較的ケーブルカー乗り場の近くまで行きますし、
イゲルド山行きの19番もありますが、本数が少ないです。
また、19番、イゲルドの山の展望台の前を通らないので、
19番でいかれても、ケーブルカーの乗り場の前のバス停で降りて、
ケーブルカーで上ることをお勧めします。

引用元
http://blog.livedoor.jp/discovery_basque/archives/34276394.html

何?

ケーブルカー!?そうなんですこの山はケーブルカーが有名だというんです!

では、そのケーブルカーってなんなの??

 

スポンサードリンク

 

ケーブルカーの値段は?

イゲルド・ケーブルカー(バスク語: Igeldoko funikularra, スペイン語: Funicular de Igueldo)は、スペインバスク州ギプスコア県サン・セバスティアンのモンテ・イゲルドで運行されているケーブルカー

1912年8月25日、スペイン王アルフォンソ12世の妻マリア・クリスティーナによってイゲルド・ケーブルカーの運行開始が宣言された。スイス・ベルンにあるVon Roll Fonderie社が設計を担当し、風光明媚なモンテ・イゲルドへのアクセスが容易となった。イゲルド・ケーブルカーはバスク地方で初めて運行されたケーブルカーであり、スペイン全体でもバルセロナのティビダボ山にあるケーブルカー(1901年)、同じくバルセロナのバルビドリエラにあるケーブルカー(1906年)に次いで3番目に古いケーブルカーである。3年後の1915年にはビルバオのアルチャンダ山でアルチャンダ・ケーブルカーが運行を開始している。

引用元
https://ja.wikipedia.org/wiki/

1912年開業ってなんと古い・・・

 

片道料金は大人1.7ユーロ、子ども1.3ユーロ。往復料金は大人3.1ユーロ、子ども2.3ユーロ。ペットや自転車などの特別料金は3.1ユーロ。

 

このケーブルカーに乗れば、景色もいいですし、ケーブルカーの歴史を感じることもでき、一石二鳥です!+恋人といい雰囲気になるというのもあって三鳥でしょうか笑

 

まとめ

 

今回はスペインのイゲルド山について取り上げてみました!

スペインには昨年行きましたが(バルセロナ)本当に雰囲気がよく、天気もよく風光明媚なところです!ぜひ住んでみたい国ナンバーワンかもしれません。

今日取り上げたバスク地方は行ったことはないのですが、あのフランシスコザビエルがバスク人なんですよね。ザビエル城というのもあるらしく、ぜひ次回スペインに行った際は行ってみたいと思ってます!

 

それでは今日はこのへんで~

 

スポンサードリンク