にーはお!fumiです!

 

こんなニュースが入ってきましたね!

 

画像元
http://www.okinawatimes.co.jp/

 

 

11日午後5時35分ごろ「東村高江の集落に米軍機が墜落したもよう」と、沖縄県の国頭(くにがみ)地区行政事務組合消防本部に119番通報があった。在沖縄米軍から防衛省に入った連絡によると、米軍の大型輸送ヘリCH53が炎上。乗員が海軍病院に搬送されたという情報もある。

引用元
https://headlines.yahoo.co.jp/

 

米軍ヘリの「CH53」が沖縄の民間地に墜落したというニュースなんですね!

 

これはまたもめそうな予感がします・・・

 

 

スポンサードリンク

 

 

CH53(米軍ヘリ)墜落の場所は?

 

まずは、このCH53が墜落した場所からみてみましょう!

 

東村高江の集落ということなんですねー

 

このへんでしょうか??

 

 

沖縄の北部、那覇市から車で2時間ぐらいですね。

 

地図をみると、近くに米軍北部訓練場があるんですねー

訓練の際の事故だったということが推測できますね。

 

ちなみに墜落した場所は個人の所有地だったということです。

 

 

 

CH53ってどんなヘリコプター?任務は?

 

画像元
https://en.wikipedia.org/

 

ネット上ではこのCH53というヘリが話題になっていますが、どういうヘリコプターなんでしょうか?

 

調べてみると、アメリカ海軍の強襲作戦用に開発されたヘリコプターとのことです!!

 

ということなので、使用用途としては輸送用などではなく、実戦用ということなんですねー

 

なので、訓練中に起こった事故である可能性が高そうです!

 

 

スポンサードリンク

 

 

墜落(緊急着陸)の原因や理由は?なぜ?真相が気になる!

 

そして、墜落の原因が気になりますよねー

 

在沖米軍のニコルソン四軍調整官は午後6時ごろ、県の富川盛武副知事に電話し「墜落ではなく、緊急着陸だ」との認識を伝えたという。

引用元
https://headlines.yahoo.co.jp/

 

第一報によると、墜落ではなく緊急着陸とのことですが、

ヘリが炎上し、黒煙をあげる画像が確認できるんですね。

 

そう考えるとやはりなんらかの機材の故障と考えられそうですね。

 

ちなみに、墜落事故として有名なのは、2004年の沖縄国際大学への米軍ヘリ墜落事故

 

この際の原因としては、「回転翼の後部ローターを接ぐボルトに重要な部品を装着していなかった整備ミスが事故発生の原因である」でした。

 

なので、同じようなメンテナンス時の不具合などが考えられそうですが・・・

 

真相は・・・?

陰謀説なんかもあるのでしょうか?

 

墜落して誰が得をするのかを考えると、得をする人はあまりいなさそうなので、ただの事故かもしれませんね。

 

ただ、この2004年の事故のあとには、抗議集会が行われ3万人が集まったということです。

 

今回は那覇市内ではなかったため、そこまで大きな抗議にはならないかもしれませんが、それでも抗議は沖縄各地で巻き起こりそうです。

 

 

被害状況は?

 

画像元
https://twitter.com/

 

そして、気になるのが被害の状況です。

いまのところ、住民の怪我や建物の被害はないそうです。

 

ヘリの乗組員側も7人が救出されたという情報が入っていますねー

 

誰もいないところに落ちたというのが不幸中の幸いですが・・・

 

やはり、こういう米軍がそばにある状況というのを考えなければいけないのかもしれません。

マスコミ関係もどういう報道をするのかが気になるところですね・・・

 

 

まとめ

 

ということで、CH53米軍ヘリ墜落についてでした!

 

速報なので、まだわからない部分もありますが・・・

この事故によっての今後の展開が気になるところですね。

 

ツイッターなどでも事故現場の画像などがアップされてますから、決して小さくない事故だということがわかりますよね。

 

また、情報があれば更新します!

 

それでは!

 

 

スポンサードリンク