にーはお!fumiです!

 

本日はクレイジージャーニーが放送されますね!!

 

画像元
http://www.excite.co.jp/

 

枠が移動して、なんだか見やすくなったような感じが・・・笑

 

それにしても前回のマダガスカルの「死体を掘り起こす儀式」がなかなか衝撃でしたよね。

死体がうつるんじゃないかと思ってドキドキしたものです。

(それはありえないか苦笑)

 

 

スポンサードリンク

 

 

ツィンギデベマラとは?

 

今回の放送では前回の続きで、マダガスカル第二弾ということ!

 

奇界遺産といわれる、ツィンギデベマラ。通称針の山に向かうんですねー!

佐藤健寿さんがそれをカメラにおさめるということです。

 

さて、どんな場所なんでしょうか?

画像を探してみると・・・?

 

画像元
http://eedu.jp/

 

こ、これはなかなか奇界な景色です!

まさに針の山!ですね。

 

ツィンギデベマラはマダガスカルの奇界遺産で、世界遺産にもなっています。

マダガスカルの西部にあり保護区にもなっているんですねー

 

ツィンギィとはマダガスカル語で、「先端」「山頂」「先の尖った」という意味とのこと。

 

見た感じそのままです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

ツィンギデベマラの場所はどこ?行き方も!

 

場所についてはこちら!

 

 

西部の町のムルンダバからツィンギドベマラハがある公園の町までは車で8時間ということ!

 

ムルンダバからくるルートが正規ルートとのことです。

放送でも3日わたって車移動してましたもんね。

 

 

ただ、このツィンギデベマラはマダガスカルの世界遺産三つのうちのひとつですから、マダガスカル旅行の際はバオバブの木とともに必見といえそうです!

 

 

 

なぜ針の山になった?アジアにもある?

 

画像元
https://matome.naver.jp/

 

これはおちたらまずい!

即死ですねーなんと勇敢な・・・笑

 

そして、最後になぜこのような針の山になったかという話なのですが・・・?

 

調べてみると、石灰岩のカルスト台地が数万年かけて侵食されてできたということ。

なるほどなるほどー

 

ちなみにワタシは中国で同じ世界遺産の雲南省の石林をみましたが、同じような景観が広がっていましたね。

 

画像元
http://www.okwave.com

 

こちらが石林。

ね?同じような感じでしょう???

なので、マダガスカルは遠いのでちょっとという方は中国は雲南省にいくことをおすすめします。

日本からも近いですし。

 

観光地として整備もされてますからハーネスもいりません苦笑

 

雲南省もたくさんみるところがありますよー

 

 

まとめ

 

ということで、ツィンギデベマラでした!

 

一風かわった景色に目を奪われてしまいますよね!

クレイジーではなくても一度はいってみたいと思うものです笑

 

しかし、マダガスカル語は舌の噛んでしまいそうな名前が多いですよね・・・笑

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

 

 

スポンサードリンク