にーはお!fumiです!

 

当ブログで追ってきた、スペインのカタルーニャ独立についてですが・・・

(記事は下部にリンクしています)

 

な、なんとイタリアでも住民投票が行われるということなんです!

 

画像元
http://tomoland.tokyo/

 

 

スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立を巡る問題の混乱で、イタリア北部2州で22日にある自治権拡大の住民投票が関心を集めている。音頭をとる欧州統合懐疑派の右翼政党は独立は訴えないが、「富が中央政府に奪われている」との主張は同じだ。

引用元
https://headlines.yahoo.co.jp/

 

カタルーニャのような独立への住民投票とはいえないものの・・・

 

その性格は似ているようなんですね。

自治権の拡大を要求する住民投票なのです!

 

そのイタリア2州とは、ロンバルディア州ベネト州でした!

 

 

スポンサードリンク

 

 

ロンバルディア州とは?場所はどこ?

 

まずはロンバルディア州の説明から!

 

場所はこちらですねー!

 

画像元
https://ja.wikipedia.org/

 

ロンバルディア州(イタリア語: Lombardia It-Lombardia.ogg 発音[ヘルプ/ファイル])は、イタリア共和国北西部に位置する州。州都はイタリア第二の都市であるミラノ。
イタリア最大の人口(約1000万人)を擁する州であり、これはイタリアの人口の1/6にあたる。また、イタリアの国内総生産(GDP)の1/5を生産する。

引用元
https://ja.wikipedia.org/

 

ロンバルディアではあまり馴染みはないですが、ミラノがある町といえばわかりやすいですよね。

 

そして、簡単な説明が今回の住民投票をする理由にもなっていそうです。

イタリア最大の人口があり、イタリアの1/6

GDPは1/5もあるのです!

 

ちなみに、カタルーニャ州はスペインのGDPの1/5でした。

割合でいえば同じなんですね・・・

 

 

ベネト州とは?場所はどこ?

 

そして、今回住民投票をするもうひとつの州、ベネト州は?

 

画像元
https://commons.wikimedia.org/

 

ヴェネト州(イタリア語: Veneto、ヴェネト語: Vèneto、バイエルン・オーストリア語: Venezien)は、イタリア共和国北東部に位置する州。州都はヴェネツィア。

引用元
https://ja.wikipedia.org/

 

こちらについてもヴェネチアがある州といえばわかりやすいですね。

 

ヴェネチアがあるといえば観光が栄えている場所ですから、それなりにもうかっていますよね。

 

 

ちなみに、2014年のベネト州で行われた意識調査では実に人口の2/3がイタリアからの分裂独立を支持しているというデータもあります。

 

この二つの州で実にイタリアのGDPの1/3を占めているんですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

住民投票の原因や理由は?なぜ?

 

画像元
http://www.tabikobo.com/

 

ということで、2州についてみてみましたが、共通点としては、

 

儲かっている州である。

どちらも北イタリアである。

観光で有名な場所だ。

ミラノ公国、ヴェネチア共和国として独立していた歴史がある。

 

ということなんですね。

 

意外と最後の理由が大きいのかもしれません。

 

これって・・・

 

カタルーニャ州の場合とほとんど同じですよね?

カタルーニャ州も、もうかっていて、観光が有名で、スペインではない君主国だった時代がありました。

 

でも、これに該当する場所でヨーロッパにはまだまだたくさんありますよね??

 

 

上記の理由が原因で自治権の拡大をもとめているんですね。

 

自治権の拡大の具体的なものはまだ情報がありませんが、もっと優遇されるように(税金を多く払っているんだから)というものになると推測されます。

 

 

 

今後は?

 

画像元
http://www.worldfolksong.com/

 

今後はどうなるんでしょうか?

 

この住民投票は明日、22日行われます。

まさに日本の衆議院選挙と同日ですね苦笑

 

その結果如何では、独立をちらつかせながら、中央政府と交渉に入るのでしょう。

 

2州とも、州政府は北部を地盤とする右派ポピュリスト政党の北部同盟が率いているそうですので、

EUの右派の台頭が思わぬ形になって現れているんですよね。

 

移民問題だけではなく、国からの分離、独立へと。

 

 

まとめ

 

ということで、イタリア2州、ロンバルディアとベネトの住民投票についてみてきました。

 

ヨーロッパは統合から分裂へ。

それが時代の流れなのでしょうか。

アメリカでトランプさんが大統領になったあたりから、グローバルからローカルへという流れが強くなってきたのもかもしれません。

 

今後の展開が気になりますね。

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

 

 

スポンサードリンク