にーはお!fumiです!

 

本日は、お花見についてです!

今回取り上げるのは、木曽川堤の桜まつり2018について!

 

画像元
https://www.its-mo.com/

 

愛知県の木曽川堤(きそがわつつみ)は東海地方で人気ナンバーワンのお花見スポット!

国の天然記念物にも選ばれた桜はまさに一見の価値ありなんです!

 

画像のような約4kmにも及ぶ桜のトンネルは、まさに絶景の一言。

ということで、今回は気になる木曽川堤の桜の開花情報見頃についてです!

 

スポンサードリンク

 

2018年のお花見は木曽川堤の桜祭りで決まり?!

 

まずは、木曽川堤の桜の様子が知れる動画をみてみましょう!

 

 

いやーすばらしいですね!

とっても!これはぜひみたいところ!

 

前述した、桜のトンネルですが、樹齢100年を越える桜が約1800本ほど咲きます。

 

その成り立ちを調べると・・・

明治18年に洪水によって崩壊した御囲堤の再建のため、地元の有志が植えた桜とのこと。

木曽川堤は別名「御囲堤」で、これは徳川家康の命により、尾張国に築かれた木曽川左岸の堤防のことを言います。

つまり、このあたりは昔から水害に悩まされた地域ということなんですね。

 

そんな負の条件を一気にプラスにしたのですから、すごいものです!

桜の品種としては、

ヒガンザクラ、シダレザクラ、ヤマザクラが咲いています。

 

また、毎年、3月下旬から4月上旬にかけて、一宮さくらまつりが開催されます。

これを木曽川堤の桜祭りと呼ぶことが多いんですねー

 

木曽川堤以外にも、大江川緑道・真清田神社・稲荷公園・浅井山公園・青木川河畔・尾西緑道など、一宮市内の名所で行われます。

一宮さくらまつり会場をはしごしてみるのがツウな楽しみ方になります笑

 

見頃や開花状況について!

 

画像元
http://bitame.exblog.jp/

 

見頃についてですが、

例年の開花予想は3月下旬から4月上旬とのこと。

 

開花から一週間程度が見頃のピークになりますが、

時期によっては2,3日でピークを迎えてしまうことも。

4月になったらすぐぐらいがちょうどいいころかもしれません。

 

開花状況については、近くなりましたらまたこちらにアップしますので、楽しみにしててくださいね!

 

スポンサードリンク

 

アクセスや駐車場は?

 

アクセスや駐車場の情報ですが、

駐車場は、138タワーパークです。

 

なんと無料で900台も停められますので、平日だと安心ですね。

祝日だと人で賑わいますので、早めにいくなどの対処が必要です。

 

車以外のアクセス方法は以下!

名鉄一宮駅・JR尾張一宮駅前より、名鉄バス「一宮総合体育館行き」で約30分

 

バスで行ったとしても、138タワーパーク内で100円で自転車をレンタルできるので、こちらもおすすめですね!

 

 

屋台出店情報!

 

そして、屋台の出店情報も!

木曽川堤では、屋台は出店はありません。

 

ですが、木曽川堤の一部区間がバーベキューOKとなります。

また、木曽川堤に隣接する138タワーパークでは、規模は小さいですが一通りの屋台はそろっているようですね。

 

食材を購入して、バーベキューもよし。

買い食いしてお散歩もよしなのです!

(買い食いしてお散歩はちょっとお行儀が悪いかな苦笑)

 

まとめ

 

ということで、木曽川堤の桜まつりについてでした!

残念ながら、夜桜は見れないらしいのですが、お昼の時間に楽しみたいですねー

 

明治に植えた桜という時代背景を知るともっと楽しめそうです!

その成り立ちは、ぜひ恋人に披露して尊敬されてください。

特に男子諸君笑

 

それでは!

 

スポンサードリンク