にーはお!fumiです!

 

当ブログでも何度か天体観測のネタは取り上げておりますが・・・

 

画像元
https://weathernews.jp/

 

なんと、今月末に約3年ぶりの皆既月食がみれるというニュースなんですね!

そ、それはみたい!ぜひみたいぞ!

とは思うんですが、理科の知識が不十分なもので笑

そもそも皆既月食って何?というところから調査しましたよ!

 

スポンサードリンク

 

皆既月食とは?スーパーブルーブラッドムーン?!

 

画像元
https://prtimes.jp/

 

それでは皆既月食とはなんなのか?からみていきたいのですが・・・?

 

皆既月食とは地球が月と太陽の間に入り、地球の影が月にかかることにより月が欠けて見えることをいうんですね!

一部分だけが入ることを部分月食といいますが、今回の皆既月食はそのすべてが影になります。

ということで相当な珍しい姿となるのです!

 

つまりその時間に見える月は太陽に照らされた月ではなく、月本来の色という理解で間違いなさそう!

皆既月食が起きると月は黒ではなく、赤銅色に変化します。

米国では「Super Blue Blood Moon(青い血の色の月)」という不気味な名前で表現しているそうで・・・

なんだか、ルナシーとXの世界観を足して2で割ったような感じになるのです!

(世代によっては意味不明ですよね・・・すいません苦笑)

 

スポンサードリンク

 

1月31日の見れる時間はいつ?

 

そして気になるのは一体いつ見れるのか?ということ!

 

前回2015年4月4日に見られた皆既月食は、継続時間がわずか12分間と短いものでした!

だがしかし、今回はなんと1時間17分ものあいだ楽しむことができます。

 

そうなんですーひと晩中みれるものではないんですね!

なので、時間が超重要!!!

その見れる時間は・・・

 

2018年1月31日の21時51分〜23時8分となります!

 

これは死ぬほど大事ですね・・・

ちなみに前述の部分月食は20時48分から始まりますので、合わせて楽しむのもありですよ!

 

画像元
https://weathernews.jp/

 

また、31日の月が今月2度目の満月で、それをブルームーンと呼びます。

ですので、ブルームーンが皆既月食をしているというレア中のレアなケースが発生するのです!

 

ちなみにこれを逃すと、次に見れるのは2022年11月8日・・・

オリンピックなんかとっくのとうに終わっちゃっている時です。

これは見逃せませんね。

 

東京や関東からの見れる方角は?

 

画像元
https://twitter.com/

 

東京や関東から見れる方角ですが、月が昇る東から南東の方角ですね!

ということで、時間になれば、東のほうを向いてみましょう!!

すばらしい皆既月食が見えるはずです!

 

ちなみに上記の画像は2014年の月食の際の画像。

この時もほんの数分間しか見れなかったらしいです・・・

こんなシーンが31日は見えるかもしれませんよ!

 

天気について!

 

天気について気になりますが・・・

こちらの図をご覧下さい!

 

画像元
https://weathernews.jp/

 

ということで、東京や関東はチャンスありですね!

日本海側が残念ながら難しそうの判断が・・・

雪の降る空になっている可能性が高いとのことです。

 

また、沖縄は雲に覆われてしまい見るのがこちらも難しそう。

 

また、日本全国でばっちり見えそうなのが、北海道東部にお住まいのみなさん!

釧路ですとかあのあたりですねー

その地域にお住まいのみなさんはこのチャンスを逃す手はないですよぉー!

 

 

まとめ

 

ということで、皆既月食についてでした!

 

これで皆既月食についてばっちり理解ができました笑

なんにせよ相当なレアチャンスということなので、31日は準備万端で鑑賞しましょうー!

ツイッターなどであがってくる画像なんかにも期待ですね。

 

それでは!

 

スポンサードリンク