にーはお!fumiです!

 

こんなニュースを発見しました!

画像元
https://blogs.yahoo.co.jp/

 

往年のハリウッド女優ナタリー・ウッドさんが37年前に水死した事故を再捜査している地元警察が、「重要参考人」として元夫への事情聴取を求めていることがわかりました。

引用元
https://headlines.yahoo.co.jp/

 

その元夫とは、ロバートワグナーさん!

重要参考人ということで、犯人と決まったわけではないらしいですが、これは気になるニュースですよね!

ということで、調査してみました!

 

スポンサードリンク

 

ロバートワグナーとナタリーウッドのなれそめは?

 

画像元
https://www.cinematoday.jp/

 

ロバートワグナーさんは、デトロイトの出身。

裕福な実業家の息子として生まれますが、俳優を志します。

1950年代からダンディな俳優として活躍。

『タワーリング・インフェルノ』『ピンクの豹』など出演作や、テレビシリーズ『スパイのライセンス』『華麗な探偵ピート&マック』『探偵ハート&ハート』などの作品で有名なのです!

 

一方、ナタリーウッドさんは、ロシアから移民してきた両親の間に生まれます。

妹も女優で、ナタリーさんは1943年から映画に出演し始めます。

1947年の『三十四丁目の奇蹟』で人気スターとなり、1955年の『理由なき反抗』でアカデミー助演女優賞にノミネートされた、実力派女優でした。

また、ミュージカル映画「ウエストサイド物語」の出演はあまりにも有名ですね。

 

二人のなれそめは同じスター俳優だったということで、知り合います。

共演がきっかけということではなく、結婚は1957年

そして初共演は1960年です。

1962年に一度破局しますが、1972年に再婚

二人には、一人娘コートニーさんがいます。

 

そして、事件は1981年の映画「ブレインストーム」の撮影の最中におきます。

 

スポンサードリンク

 

ナタリーウッドの死因は?

 

その撮影の最中、ナタリーウッドさんは入江にて水死体でみつかります。

この事件は謎とされ、死因についても溺死と一時は判断されました。

 

しかし、その身体からいくつものあざなどがみつかり、

死因を「事故死」から「水死および不確定要因によるもの」という具合に警察も変更しています。

しかし、殺人事件として捜査はしていなく、この事件が今回新たな展開を迎えているということなんですね!

 

事件の真相は!?

 

画像元
https://ameblo.jp/

 

どうして入江で水死体となっていたかというのが最大の謎ですよね。

当時は夫のロバートワグナーさんや、クリストファーウォーケンさんらとヨットにのっていたところ行方不明となったということでした。

 

身体にあざなどがあったことを考えると、暴行されたのかもしれないということを思ってしまいますよね。

 

当時ヨットには、船長を含め4人が乗っていたといいます。

その船長が2011年に証言をしています。

 

ウッドさんとワグナーさんの乗っていたヨットの船長は、米テレビのインタビューに、ウッドさんが姿を消す前にワグナーさんと激しい口論をしていたことや、行方不明後に捜索を遅らせなかったら生きていたかもしれないことなどを明らかにした。

引用元
http://www.afpbb.com/

 

ロバートワグナーさんが、ウォーケンさんとナタリーさんの友情に明らかに嫉妬していたようであり、それが原因で口論していた可能性が高いということなんですね。

 

二人にの言い合いはエスカレートしましたが、やがて静かになります。

船長は収まったのかなと思い様子を見に行くと、ナタリーさんがいなくなったと告げられたと言うんですね。

そして、船内にあったボートがなくなっていたと。

 

口論が原因でボートにのってナタリーさんが飛び出たという流れなのでしょうが、口論の末、誤ってナタリーさんを海に落としてしまったということも考えられますよね。

そして、ウォーケンさんと口裏を合わせ、ボートはわざと海に落とした・・・など。

 

そういう推理ができますが・・・どうでしょうか?

 

まとめ

 

ということで、ナタリーウッドさんの水死事件についてでした!

 

こうなると重要なのは、クリストファーウォーケンさんですよね。

クリストファーさんが真実を知っている可能性が非常に高い!

また情報があれば更新しますよ!

 

それでは!

 

スポンサードリンク