にーはお!fumiです!

 

2/7(水)放送の、「世界の何だコレ!?ミステリー」

世界の不思議なミステリーを探るこの番組!

画像元
http://www.fujitv.co.jp/

 

気になったのは、幻の怪魚捕獲シリーズ!

オーストラリア・淡水魚「マーレーコッド」を追うというのです!

 

マーレーコッド??

聞いたことありませんねー

 

ということで、幻の淡水魚について調査してみましたよ!

 

スポンサードリンク

 

マーレーコッドとは?

 

それでは、さっそくその、マーレーコッドの画像をみてみましょう!

 

画像元
http://xn--50-hi4azc9fsf5155c.com/

 

で、でかい!!

もはや魚というかなにかの動物みたいですね!

これは幻の淡水魚というのも納得できます・・・

 

コッドとはタラという意味で、タラの一種になるんですね。

やはりオーストラリアで最大の淡水魚ということです。

 

オーストラリアにヨーロッパ人が入植して以来、その数は減り続け、現在では絶滅危惧種に指定されています。

マーレーコッドでやはり注目するのは、その大きさで体長1メートルに及ぶものもあり、成熟すると肉食性を示し、他の魚を捕食するということがわかっています。

 

ちなみに、マーレーは、マーレー川のという意味で、マーレー川はオーストラリアの最大河川のひとつになります!

オーストラリアでは大人気で、水族館で見れるようなのですが・・・?

 

スポンサードリンク

 

琵琶湖に生息している?!

画像元
https://ja.wikipedia.org/

 

と、調べてみると、琵琶湖にいたという情報が・・・

実は、2010年に琵琶湖でこのマーレーコッドが発見されたというんですね。

 

本来ならいるはずのない、外来種がいたということは・・・

飼育していた方が琵琶湖に離したとしか考えられませんよね。

 

前述のとおり、マーレーコッドは肉食です。

そんな凶暴な魚が琵琶湖に離されたら、琵琶湖の生態系はすべて狂ってしまいます。

 

恐ろしいですねぇ・・・

外来種を日本の川や湖に離してしまうのは最近の大問題になっています。

「琵琶湖にマーレーコッドがいたことはあるがいてはいけない」が正解のようですね。

 

 

料理法や味は?

 

最後にその料理法について!

調べたのですが、まったく情報はありません笑

 

本場オーストラリアでは食べられていたのでは?と推測されますが、

絶滅危惧種ということもあり、食用としては禁止されているというのが想像されますね。

 

ちなみに、淡水魚はあまり日本では食されることはなく、

どこか生臭く食べても味が薄いというのが一般です。

 

ですので、食べ方としては、塩焼きのように焼いてしまう。

または、味の濃い煮付けなどして食べるというのが考えられますね。

 

刺身では・・・食べられないかもしれません。

 

まとめ

 

ということで、淡水魚マーレーコッドについてでした!

 

謎の淡水魚というのは本当でしたね!

そして、琵琶湖にいたことも・・・

 

番組では発見できるのか?!期待大ですね!

またなにか情報があれば更新しますよ!

 

それでは!

 

スポンサードリンク