にーはお!fumiです!

 

今回は日本初放送の中国ドラマを取り上げます!

 

画像元
https://knda.tv/

 

その名も、「私のキライな翻訳官」です!

中国本国でも大人気だった、大人のラブコメディー!

 

日本では初放送ですが、DVDではすでにレンタルしているらしく、評判はとても高いのです!

ということで、今回は、「ワタシの嫌いな翻訳官」についてですー!

 

スポンサードリンク

 

私のキライな翻訳官のあらすじは?

 

ということで、まずはあらすじをみてみましょう!

動画がありましたので、どうぞー!

 

 

正確なニュアンスを伝えるには、選択する言葉のセンスが問われる通訳家。単語ひとつで致命的なミスとなってしまうことも…。

通訳という仕事の難しさ、厳しさを中国の人気俳優ホアン・シュアンが非常にこだわりのある、どS天才通訳家チョン・ジアヤンを熱演。通訳事務所の研修生として入ってきたチャオ・フェイ(ヤン・ミー)を容赦なく厳しく指導するが、悪縁で度々衝突する彼女のことが気になって仕方ない。ここから始まる大人の恋の展開に目が離せない。

引用元
https://knda.tv/

 

普段スポットがあたらない、通訳官という仕事に注目したストーリー!

なんと、俳優さんがバリバリフランス語を操るんですねー

 

日本では注目できない理由がわかりますね。

日本の俳優さんでそんな人はいなさそうです笑

 

上海の近代的な背景とスイスの素敵な景色が重なり、

メインキャストのホアン・シュアンさんとヤン・ミーさんを中心とするお話になります~

 

原題は?

 

原題も気になるところ!

 

これが面白い笑

原題は・・・

「親愛的翻訳官」です。

 

親愛的を訳すと、そのまま親愛なるという意味になり、

好きという意味も取れます。

 

つまり「私のキライな翻訳官」とは反対の意味なんです!

 

まさかの翻訳官が誤訳!?なら最高に面白いですが笑

 

内容を見て、キライなところから好きになっていくという少女漫画を意識した邦訳というのが実情のようです笑

 

スポンサードリンク

 

出演者(キャスト)は?

 

ということで、メインキャストの二人をみてみましょう!

 

画像元
http://yongchina1932.blogspot.jp/

 

チャオ・フェイ役:ヤン・ミー

 

1986年生まれ。北京市出身の女優さん。

中国若手四大女優といわれるほどの人気の持ち主です。

 

出演のドラマや映画が次々と大ヒット。

特に2013年の映画「小時代」で高い支持を獲得しました!

 

画像元
http://bikuchan.com/

 

チョン・ジアヤン役:ホアン・シュアン

 

今回はドSの天才翻訳官という役どころを演じています!

髪型が違うと雰囲気が変わりますねー

ホアン・シュアンさんは現在日本でも宣伝がたくさんされています、日中合作の映画 『空海KU-KAI-』に染谷将太さんと一緒に主演しているんですね。

この映画で気になった方も多いはず!

 

相関図はある?

 

相関図も気になるぞ!

 

関連画像

画像元
http://www.cinemart.co.jp/

 

こちらがその相関図ですねー!

主演の二人に加え、血の繋がらない兄ワイナリーを営むお嬢様・・・不気味です笑

 

どんなふうに絡んでくるのか!?

気になります。

 

最終回やネタバレについて!

 

そして最後に最終回ネタバレについて!

 

中国語のサイトを読んでみると・・・

二人の障害として病気というのが出てきます!

 

さて、病気になるのは、誰なのか・・・

そのあたりも注目です!

 

ちなみに、中国語のサイトでは、最終回について軒並み高評価でした!

 

これ以上のネタバレはしません!苦笑

ご自分の目で確かめてみてくださいねー!

 

まとめ

 

ということで、中国ドラマの「私のキライな翻訳官」についてでした!

 

日本待望の初放送!

中国の若手俳優が登場しますので、これは要チェックですよねー

特にホアン・シュアンさんは日本でも話題になりそう・・・!?

 

ワタシの嫌いな翻訳官はTSUTAYA TVでもチェック可能ですよ!

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

 

スポンサードリンク