にーはお!fumiです!

 

今回は日本初放送の中国のドラマを紹介します!

 

画像元
https://www.ch-ginga.jp/

 

「麗王別姫~花散る永遠の愛~」です!

一体どんなドラマなのでしょうか?

日本初放送ということもあり、気になりますよねー

 

スポンサードリンク

 

麗王別姫~花散る永遠の愛~のあらすじは?

画像元
http://www.maniado.jp/

 

まずは、あらすじからみてみましょう!

 

皇帝・玄宗(げんそう)が楊貴妃を寵愛していた唐の時代。呉興地方の才女・沈珍珠(しんちんじゅ)は、広平王・李俶(りしゅく)(後の皇帝・代宗(だいそう))のお妃候補として選ばれる。しかし彼女は、かつて自分の命を救ってくれた初恋の人が忘れられず、縁談から逃れ、想い人を探す旅に出る。そして、道中で男装した沈珍珠は、身分を隠した李俶と運命的な出会いを果たす。そんな中、沈珍珠の両親が何者かに惨殺され、弟が行方不明に・・・。沈珍珠は両親の仇を討つために李俶に嫁ぎ、宮廷入りするが、徐々に彼の優しさに惹かれていく。李俶もまた、沈珍珠を深く愛するようになる。沈珍珠は忘れようと決めた初恋の人と、李俶を何故か重ねて見てしまうが、実は・・・。宮廷の愛憎渦巻く権力闘争に巻き込まれる沈珍珠と李俶。愛し合う2人を待ち受ける運命とは――?

引用元
https://www.ch-ginga.jp/

 

時代は唐のころですね。

玄宗(げんそう)が楊貴妃にうつつをぬかしていたころのおはなし。

 

代宗はのちの皇帝になりますが、玄宗からみると、にあたります。

玄宗と楊貴妃のラブロマンスはあまりに有名ですが、

今回は、孫のラブストーリーなんですね。

 

原題は?

 

原題についても調べてみました!

最近の中国ドラマの日本語は原型を残さないことが多く・・・

今回もその例でしたね。

 

原題は、「大唐榮耀 the glory of tang dynasty」です。

うーん、日本語では読めない笑

だいとうえいようでしょうか・・・?

 

今回は原型がないので、逆にナイスだったのかもしれません笑

 

中国語のタイトルではまさに唐の時代の一番栄えていた頃を表現しているものになっているんですね。

 

スポンサードリンク

 

麗王別姫は史実?実在したの?

 

今回の主人公の名前は、沈珍珠といい、麗王別姫と呼ばれています。

この人は実在なのか?それともオリジナルの人物なのか調査!

中国ドラマは全部実在かと思いきやたまにたくみに、創作の人物を絡めてきます笑

 

ということで、調べてみると・・・?

沈珍珠はなんと実在の人物ということです!

どんな人物だったのか・・・?

というのはまたネタバレの章でお話することにします!

 

キャストは?

 

キャストの情報もみてみましょう!

主演のお二人をピックアップしますよ!

 

画像元
https://www.pinterest.jp/

 

沈珍珠役:ジン・ティエン(景甜)

 

綺麗な人ですよねー

今回の出演で、ジンさんは見事2017年国劇盛典で人気女優賞受賞に輝いております。

本作での高い演技力はまさに必見の一言!

1988年うまれの現在29歳西安市出身の女優さんです。

 

画像元
https://twitter.com/

 

李俶(広平王)役:アレンレン

 

今回のドラマで本国中国で大注目された俳優さん!

まさに大ブレイクを果たしたんですねー

中国でも誰もその名前を知らなかったということで、あまり情報がありません。

また、別途調査してみたいと思います!

 

詳細はこちらからどうぞ!

 

ネタバレも!

 

最後にネタバレについて!

 

沈珍珠は実在の人物ですから、ある程度のことはわかります。

つまり、沈珍珠は皇后になるんですねー

しかし、追封とあります。

追封は死後おくられた官位とあるので・・・?これは不吉な予感ですね。

 

そして、代宗の時代は、宦官の権力が増大した時代でした。

安禄山の乱を収めた功績がある代宗ですが、収めるために宦官に力を借ります。

それが、宦官の権力を強める原因となります。

 

そして、チベットの先祖である吐蕃に長安の侵略を許したこともありました。

史実としては、この代宗の時代をきっかけに唐朝が決定的に弱体化するとみていいでしょう。

 

 

まとめ

 

ということで、「麗王別姫~花散る永遠の愛~」についてでした!

 

これはまた気になるドラマですよね。

それにしても中国は歴史が長いのでネタは豊富にありますね。

しかも記録にも残っているので、細かいこともわかっていることが多いです。

 

いつもおなじような主人公の日本の歴史もの。

創作が多い韓国の歴史もの。

 

と比べて一線を画しています。

また、気になるドラマがあれば取り上げますよ!

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

スポンサードリンク