にーはお!fumiです!

 

話題を毎回振りまく、相撲業界

当ブログでも相撲の話題は取り上げていますが、救命のために土俵にあがった看護師を「女性は土俵に降りて」と言い放ったとしてこれまた大変話題になっています。

 

画像元
https://mainichi.jp/

 

それがこちらがその発言をした春日野親方ですね。

一体どんな方なのか!?調べてみましたよー!

 

スポンサードリンク

 

春日野親方の現役時代の四股名は?

画像元
https://headlines.yahoo.co.jp/

 

まず、春日野親方といってもピンと来ない方もいるかもしれないので、現役時代の四股名などを調査!

 

現役時代の四股名:栃乃和歌 清隆

出身:和歌山県海南市

生年月日:1962/05/22

現役時代成績:588勝621敗24休(87場所)

最高位:東関脇

 

栃乃和歌といえばピンと来る方もいるかもしれませんね!

主に90年代の前半に活躍。

引退は99年でした。

 

そして、2003年に春日野部屋を継承。

自身の最高位が関脇にも関わらず、後進の育成ができるのか?という声もあったということですが、「”弱者”というか、三役にとどまった者だからこそできる指導もある」という信条のもと部屋を継承しました。

 

そんな春日野親方。

2018年の今年は実に波乱万丈で、1月に弟弟子への暴行ということで、傷害罪で起訴されていたことが発覚します。

そして、その1月場所には、愛弟子の栃ノ心が平幕優勝

 

4月には今回の問題アナウンスと・・・

まさに風雲急を告げる2018年となっているんですね。

 

スポンサードリンク

 

妻(奥さん)について!

画像元
http://www.ilbe.com/

 

そして、春日野親方の奥さんが気になりますが、

紀子夫人というお名前で上記の画像の右の方になります。

 

なかなか気品にあふれる上品な感じですよねー

残念ながらどこで知り合って、どういう方なのかまではわかりませんでした。

引き続き調査してみたいと思いますよ。

 

子供の情報も!

 

そして、お子さんの情報も!

こちらも探したのですが、いるということはわかりましたが、性別や何をしているかまでは判明できず。

相撲関係の仕事であれば多少は情報が流れそうですが、そうではないところをみると、一般人である可能性が高いですねー

こちらも引き続き調査します!

 

まとめ

 

ということで、春日野親方についてでした!

 

救命の方とは見えなかったと、親方は弁明したものの、非難ごうごうとなっているんですね。

しかし、相撲が神道にのっとっていると考えれば、女性が土俵に上がるというのはたしかに厳禁。

相撲は宗教行事なのか?という議論が巻き起こるのであればおもしろい展開になるのですが。どうでしょう?

 

それでは!

 

スポンサードリンク