にーはお!fumiです!

 

今回は中国ドラマ「王女未央(びおう)」について取り上げたいと思います!

 

画像元
https://prtimes.jp/

 

昨年日本で初放送され、今年の3月から再放送され、またたくまに大注目!

 

当ブログでも主演のルオジンさんを取り上げたところ、ものすごい注目度!

これはドラマについても取り上げるしかありませんね笑

 

スポンサードリンク

 

王女未央(びおう)のあらすじは?

画像元
http://www.cinemart.co.jp/

 

まずはどんな話なのかあらすじからみてみましょう!

 

南北朝時代、北涼唯一の公主・馮心児は、北魏の李敏峰・叱雲南らの陰謀によって、父親と祖母を失ってしまう。
馮心児は追っ手から逃れる途中、北魏尚書府の妾腹の娘・李未央に命を助けられるが、李未央自身は追っ手に刺され死んでしまう。
馮心児はやむを得ず李未央になり済まし、尚書府に入り込むことになる。
そんな中、太武帝の孫である拓跋濬や太武帝の末子の拓跋余たちが、勇敢で正義感が強い李未央に惹きつけられていく。
皇子たちの争いに巻き込まれながら、仇敵の渦中で李未央として生きる馮心児は…。

引用元
https://hualiu.yapy.jp/

 

と、欲望と復讐のトライアングルラブ史劇というもうなんでもこいや状態のテーマですが・・・

その内容は実にその通りなんですね笑

 

中国本国では動画再生数は230億回をこえ、まさに未曾有の大ヒットとなったんですね。

 

しかし、その時代背景については、群雄割拠の南北朝時代を描いており、一体中国のどこの時代なのかわかりにくいところもあるかと思います。

 

スポンサードリンク

 

時代背景について!史実なの?

 

時代背景については、前述のとおり、南北朝時代を描いていますね。

南北朝時代とは、439年から589年までの約150年間です。

 

わかりやすくいうと、三国志の時代が終わり、魏にとって変わった晋の滅亡から、随の統一王朝誕生までになります。

この時代は中国が二つに分かれ、北は北魏が統一(その後分裂)、南は斉や宗などたくさんの王朝が乱立していました。

 

主人公の李未央になりすました、馮心児はこの時代の北涼の公主です。

北涼とはこの群雄割拠の時代にあった、中国の西の甘粛省にあった国です。

つまり中原からみると異域。

砂漠のほうの田舎の国の公主という感じですね。

 

その主人公が北魏の罠にかかり、父親と祖母を失い復讐を誓うという流れになるのです。

 

この話は史実かどうか調べてみたところ、モデルは北魏の文成文明皇后だそう。

文成文明皇后の話をアレンジしているんですね。

 

文成文明皇后は北涼ではなく、北燕の出身とされ、亡命して北魏に入りました。

そのあたりが少し違いますね。

 

キャストが豪華!!

 

そして、そのキャストも大注目!

 

別記事に詳しく取り上げていますので、そちらもどうぞ!

 

馮心児/李未央:ティファニータン

 

拓跋浚:ルオジン

 

李常茹:マオシャオトン

 

 

今の中国ドラマを背負う三人がでていますねー!

 

また、気になったのは、尚書 李蕭然(り・しょうぜん)の娘、李長楽

傲慢な正確ですが、ものすごく美人・・・演じているのは、リーシンアイさん!

 

詳細はこちらからどうぞ!

 

主題歌は?

 

主題歌はA-Linさんの歌う、『天若有情』

動画はこちらからどうぞ!

 

 

ちなみにエンディング曲は、主演の二人がデュエットで歌う「天賦」です。

ルオさんのハイトーンボイスが注目です笑

 

最終回やネタバレは?

 

最後に最終回やネタバレについて!

 

最終回については・・・

以下、知りたくない人は飛ばしてね!

 

 

最終回は拓跋浚が崩御してしまいます。

未央は拓跋浚との約束を守るために、北魏を守ると心に決めて完結になります。

 

んー悲しいおわり方ですねー

未央が皇后になって終わりではないんですね。そこまでは描かれないようです。

 

まとめ

 

ということで、話題の中国ドラマ「王女未央」についてでした。

 

昨年放送されたのにも関わらず、すごい注目度。

今回は時代背景を中心にとりあげましたが、少し複雑ですね。

そして史実にのっとた話であるということにもびっくり!

 

ちなみに、王女未央はTSUTAYA TVでチェック可能です!

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

スポンサードリンク