にーはお!fumiです!

 

先ほど、西郷どんに出てきたワード「あんご」を取り上げたところ、大反響!

やはり、みなさん気になっていたようですね・・・

 

画像元
https://www.cinematoday.jp/

 

ということで、その後話がどうなるのかも気になった方が多いはず!

今回は全面ネタバレで今後の展開を調査してみたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

二階堂ふみの愛加那(あいかな)の写真画像は?

 

まず、大事なことは、この愛加那(あいかな)さんは実在の人物です。

 

本日の西郷どんのように「妻になってくれ」と言ったかどうかは定かではありませんが、

史実では西郷どんのあんご(島妻)と言われています。

 

そこで気になるのは、愛加那(あいかな)さんの画像ですね!

こちらです!

 

画像元
https://ja.wikipedia.org/

 

やはり顔つきが南方のそれですよねー

なんだか二階堂ふみさんにもどことなく似ているような・・・

 

スポンサードリンク

 

今後のネタバレは?子供や離婚についても!

 

そんな愛加那さん、今後が気になります。

調べたところによると、当時の薩摩藩の藩法により愛加那さんは島妻となりました。

 

島妻の制度は、奄美大島で結婚式をあげても、鹿児島に帰るときは島妻を連れ帰ってはならないという厳しいもの。

ということで、離婚という概念とはちょっと違うようですね。

 

しかし、西郷どんと愛加那さんの仲は本当によかったそうで、みんなが見ている前で平気でいちゃついていたといいます。

それだけに別れは悲しかったでしょうね・・・

 

3年の西郷どんの奄美大島の滞在で、

愛加那さんとの間に子供を二人設けます。

 

その二人の子供をのちに西郷どんは鹿児島へ呼びます。

 

長男の西郷菊次郎さんはのちの京都市長になり、

長女の菊草(きくそう)さんは大山誠之助(大山巌の弟)の妻となりました。

 

画像元
http://dekumaconcierge.amamin.jp/

 

こちらが、西郷菊次郎さん。

西郷どんは写真を残していないので、似ているかどうかはわかりませんが、上野公園の西郷どんにはあまり似ていないような・・・

 

そして、愛加那さんは鹿児島にいくことはなく、奄美大島に残り続け、65歳のときに畑仕事をしている最中になくなったといいます。

なんだか切なくなる話です。

 

二階堂ふみの演技の評価は!?

 

そして、個人的には二階堂ふみさんの好演が胸に残っています。

さすが、大河が原因でゴチバトルをやめただけはあると笑

みんなの世論もみてみましょう!

 

 

 

 

 

まとめ

 

ということで、愛加那さんについて調べてみました!

 

ドラマを今後描く上で、愛加那さんとの別れは重要な役割になるかと思われます。

このあと、西郷どんは鹿児島に戻り、京都へ。

それからの西郷どんの鬼神のごとき働きぶりは日本史に燦然と輝くもの。

その原動力になったものが、愛加那さんとの愛によるものなかもしれませんね・・・

 

なんと、U-NEXTで「西郷どん」が配信中!今なら31日間無料ですよ!

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

スポンサードリンク