にーはお!fumiです!

 

驚きのニュースが入ってきました!

 

画像元
https://trendy15.info/

 

文部科学省の支援事業の対象校とするよう取りはからったとして、東京地検特捜部に受託収賄容疑で逮捕された文科省科学技術・学術政策局長、佐野太(ふとし)容疑者(58)が受けた便宜の見返りが、自分の子供を東京医科大(東京都新宿区)に合格させてもらうことだったことが4日、関係者への取材で分かった。

引用元
https://www.sankei.com/

 

佐野容疑者の職位はなんと、局長

ここまでの幹部の逮捕ははじめてなので、文科省に激震が走っているのです。

 

スポンサードリンク

 

佐野太(ふとし)容疑者の経歴やプロフィールは?

画像元
https://7gogo.jp/

 

まずは、佐野容疑者の経歴から!

 

名前:佐野太(ふとし)

年齢:58歳(2018年現在)

出身地:山梨県甲州市

 

大学は早稲田大学の理工学部を卒業。

 

1985年に科学技術庁に入庁しています。

その後は、外務省文科省を歴任し、アメリカのスタンフォード大学に留学したり、母校の早稲田大学の客員教授になったりと・・・

まさに輝かしい経歴の持ち主です。

 

文科省内では、「科学技術畑のエース」と言われ、事務次官に就く可能性もあった佐野容疑者。

 

まさに天国と地獄といった感じです。

 

スポンサードリンク

 

両親や家族は?

 

自分の息子のためにやってはいけない便宜を図った、佐野容疑者。

 

佐野容疑者の両親についても調べてみましたが・・・

情報はありませんでしたね。

 

佐野容疑者の経歴からみると、きっとエリートの家系なような気がします。

子供を東京医科大に行かせようとしていたところからみて、医者の家系なのかも。

 

家族についてですが、子供がいるということなので、家族を持っているとは思いますが、

息子か娘なのかもまだわかっていません。

気になりますよね、子供の情報も。

 

性格や人間性は?

 

どんな性格だったのか・・・

今のところ出てくる情報としては、文科省の幹部の発言です。

 

「真面目で、物事に動じずに淡々と仕事をする人」

 

まさに、エリート官僚のイメージそのものという姿が見えますね。

しかし、今回の件を考えると親バカがすぎる姿も・・・

 

職権乱用の意識はなかったのか、あったのかもしれませんが、

「ほかの人もやっているし」という意識があったのかもしれません。

 

この事件だけではなく、ほかにもいろいろでてきそうな気はしますね。

 

まとめ

 

ということで、佐野太容疑者についてでした!

 

局長クラスが逮捕されるという前代未聞の出来事。

芸能人の逮捕と訳は違います。

 

教育に関わる文科省の責任が問われますね・・・

 

また、情報があれば更新します!

 

それでは!

 

スポンサードリンク