にーはお!fumiです!

 

半分、青いの漫画家編が一区切りしましたね。

 

画像元
https://tsuiran.jp/

 

世間では、「秋風ロス」「律くんロス」が噂され、それを穴埋めするのは間宮祥太朗さんしかしないと言われているのです笑

そう、お話はすずめちゃんが、100円ショップのスーパー大納言編へと進みます。

 

なんだか発明にちょっと近づいてきたような・・・予感?笑

 

スポンサードリンク

 

100円ショップ大納言編のあらすじは?

画像元
https://gunosy.com/

 

さて、このスーパー大納言を舞台に展開していくストーリーはどんなお話なのでしょうか?

 

1999年の秋、漫画家を辞め、秋風ハウスを出た鈴愛(永野)は100円ショップ「大納言」でアルバイトを開始。強面の店長・田辺(嶋田久作)と店番をしながら、質素な生活を送っていた。その頃、謎の2人の男、涼次(間宮祥太朗)と祥平(斎藤工)が遮光カーテンで締め切った密室にこもり、カタツムリのDVDを鑑賞。謎の3姉妹、光江(キムラ緑子)麦(麻生祐未)めあり(須藤理彩)はそうめんをすすっていた。

引用元
https://gunosy.com/

 

正確にいうと、大納言編ではなく笑

新章「人生・怒涛編」がスタートになります。

その登場キャラもかなり一新されます。

 

特に、間宮祥太郎さんと斎藤工さんの登場で、どういうふうにすずめちゃんに関わってくるのかがきになりますよね。

 

スポンサードリンク

 

モデルや元ネタは?

 

やはり、ここで気になったのは、その100円ショップ大納言のモデルでしょうか!?

あまり人が来ない100円ショップ。

 

そのモデルや元ネタは発表されてはいませんが、

「DAINAGON」と字面を見つめていると・・・

「DAISO」っぽい気がしてきましたね苦笑

 

大しかあってないじゃねぇかという突っ込みは受け付けます苦笑

 

100円ショップの大手を参考にした可能性は大ですね。

100円ショップといえば、ダイソーですから!

 

場所はどこ?

 

さて、それではその「大納言」はどこにあるのか?

場所は果たしてどこなのか!?

 

場所についても公表はされていませんが、東京の下町では?と言われています。

これから明らかになっていくでしょうが、下町といえば・・・

巣鴨?上野?浅草?

んーどこなのでしょう。

 

こちらも引き続き調査しますよ!

 

まとめ

 

ということで、100円ショップ「大納言」についてでした!

 

半分、青いのネーミング結構好きです笑

当ブログでも取り上げたことのある、「サンバランド」「散英社などなど・・・

茶目っ気満点笑

 

半分、青いのパワーワードに密かに注目しているワタシです笑

 

「半分、青い」はU-NEXTで見逃し配信チェック可能ですよ!

 

 

それでは!

 

スポンサードリンク