にーはお!fumiです!

 

大雨の災害が西日本を恐怖に陥れました・・・!

その被害のあまりの大きさに驚きましたが・・・

 

被害の拡大の原因には「コアストーン」なる存在があったということなのです!

 

はて?コアストーンとは・・・?

画像元
https://www3.nhk.or.jp/

 

さっそく調べてみましたよ!

 

スポンサードリンク

 

コアストーンとは何?意味は?!

画像元
http://kosmochlor.web.fc2.com/

 

まず、コアストーンについてですが・・・?

 

コアストーンとは、花崗岩に亀裂が入ると雨水などがしみこんで風化が進ます。

一部が「真砂土」と言われる崩れやすい土になりますが、風化しなかった部分が「コアストーン」として残るんですねー

中には大きさが2メートル前後、重さが数トンのものもあるということ!

 

花崗岩の硬さは、石材で一番と言われています。

(花崗岩→安山岩→大理石→砂岩の順で柔らかくなる)

 

よって、めちゃめちゃ硬くて巨大な石をコアストーンと呼ぶのです。

 

スポンサードリンク

 

コアストーンが原因で被害が拡大?

 

このコアストーンが原因で被害が拡大したとのこと。

 

それは、今回の大雨の被害で、土砂崩れが起こりましたが土砂と一緒にこのコアストーンが流れ出したということなのです。

 

コアストーンは、花崗岩を含む地質が多い、中国地方や近畿地方、それに東海地方など、全国各地の山沿いで確認されています。

このコアストーンが流れてくれば、その破壊力は抜群です。

古い民家などに直撃すればひとたまりもないでしょう。

 

そして被害が拡大していったのでは?ということなのです。

 

みんなの世論

 

 

 

 

 

まとめ

 

ということで、コアストーンについてでした!

 

たしかに、なぜここまで被害が大きくなったのかの原因究明は大事ですよね・・・

こういうリスクがあったとして、どう防げばいいのかも知りたいところ。

 

どでかい城壁に中に住むしかないのか・・・

まるで、古代の中国のようですね・・・苦笑

 

それでは!

 

スポンサードリンク