にーはお!fumiです!

 

今回は、日本初放送の中国ドラマについてです!

なんと、あのWOWOWで注目の中国ドラマが放送されるんですねー!

 

その名も、「三国志~司馬懿 軍師連盟~」

 

画像元
https://twitter.com/

 

あの三国志が魏の武将の司馬懿を主人公に語られるのです!

これは、三国志ファンも必見ですね!

 

スポンサードリンク

 

三国志~司馬懿軍師連盟~のあらすじは?

画像元
http://www.wowow.co.jp/

 

まずはあらすじからみてみまましょう!

 

時は三国戦乱の世。漢王朝の皇帝・献帝の一派から命を狙われた曹操(ユー・ハーウェイ)は、自らが囮となり、暗殺計画を企てた人々をおびき出すことに成功。曹操は献帝に事の真相を問いただし、目の前で妃らを惨殺した。さらに暗殺計画に関係したと思われた司馬懿(ウー・ショウポー)の父・司馬防らを投獄してしまう。しかし司馬懿は持ち前の知略を働かせ、司馬防の容疑が冤罪であることを証明し牢獄から救出。曹操の息子・曹丕(リー・チェン)は、父の無罪を勝ち取った司馬懿のもとを訪れ、自分の志す平和な世を実現するため協力を求める。その求めを一度は拒否する司馬懿だったが、その才能と野心的な一面は曹操からも認められ、司馬懿は曹丕に仕えることに。その後、次第に激しくなる曹丕と、その弟・曹植(ジーン・オウ)の後継者争いに巻き込まれた司馬懿は…。

引用元
http://www.wowow.co.jp/

 

劉備諸葛亮曹操から語られることの多い、三国志。

今回は、諸葛亮の最大のライバルとされた、司馬懿(しばい)が主人公。

 

タイトルにもある、“軍師連盟”とは本作に出てくるさまざまな軍師たちが、ライバルでありながらもお互いを認め合い、尊敬し、つながっていることを指します。

2部構成に別れ、全86話の本作。

 

WOWOWでは毎週土曜日の午前11時から2話ずつ放送されます。

 

ということは最終回までには、1年弱かかるという計算に・・・

これは毎週土曜日の朝が楽しみですよねー!

 

スポンサードリンク

 

キャストや出演者をチェック!

 

キャストも一流のメンバーが揃います!

 

画像元
http://3594h.blog95.fc2.com/

 

司馬懿役:ウー・ショウポー (呉秀波)

 

うーん!渋い!

2013年に公開され大ヒットした映画「北京ロマンinシアトル」で一気に注目を浴びた、中国の実力派俳優です!

そのあまりの渋くてかっこいい演技に本土でも絶賛の嵐だったとか。

 

詳細はこちらからどうぞ!

 

画像元
https://hualiu.yapy.jp/

 

曹操役:ユー・ホーウェイ(于和偉)

 

そして、曹操を演じるのは、ユー・ホーウェイさん。

この写真ではただの人のいいおじさんに見えますが、ドラマでの衣装とメイクをするとその圧倒的存在感は半端じゃないです。

 

なんと、ユーさんは1999年の「曹操」でドラマデビューしています。

つまり曹操を演じるプロなのです!

日本の大河ドラマでもこんな現象はありますよねー再び同じ役を演じるなど。

まさに、天から曹操を演じろといわれているようなユーさんなのです。

 

画像元
http://www7b.biglobe.ne.jp/

 

張春華役:リウ・タオ(劉涛)

 

司馬懿の正室を演じるのは、リウタオさん!

リウさんは「琅邪榜~麒麟の才子、風雲起こす~」のヒットなどで注目の女優さんです。

 

中国では、“理想の恋人”“妻にしたい女性”像として人気を呼んでいます。

つまり人気抜群です笑

 

詳細はこちらからどうぞ!

 

ネタバレや最終回は?!

 

ネタバレや最終回が気になりますよねー!

 

史実としては、方向は決まっています。

つまり、魏の勝ちです。

司馬懿の大勝利に終わるんですね。

 

ということは、勝ち組からみた、三国志という見方が今作はできるでしょうか。

 

ちなみに、魏の勝利が確定したのは、司馬懿が72歳で亡くなり、息子の司馬昭が継いだあとでした。

司馬懿自体は老衰で天寿を全うしてなくなります。

武将のくせに畳の上で死んだのかなんていうツッコミはやめましょう苦笑

 

まとめ

 

ということで、「三国志~司馬懿 軍師連盟~」についてでした!

 

これは長く楽しめるドラマですねー

中国や韓国のドラマは話数が多いので、じっくり楽しめます。

特に楽しみなのは諸葛亮との戦略戦ですねー

 

これは期待しましょう!

 

「三国志~司馬懿 軍師連盟~」はスカパー経由のWOWOWチェック可能ですよ!

 

 

また、こちらの三国志ドラマも非常に面白いですよ!

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

スポンサードリンク