にーはお!fumiです!

 

今回は、日本初放送の中国ドラマを取り上げます!

その名も、秀麗伝~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~です!

 

画像元
https://www.ch-ginga.jp/

 

後漢が舞台のラブロマンスになります。

いわゆる中国の戦国、宮廷ものですねー

 

「妻を娶らば陰麗華」という言葉の語源となったのが、本作の主人公、陰麗華(光烈皇后)です!

 

スポンサードリンク

 

秀麗伝~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~のあらすじは?

画像元
https://twitter.com/

 

まずは、あらすじからみてみましょう!

 

前漢が滅び、新朝王莽(おうもう)の暴政が支配する時代。少年の劉秀(後の光武帝)は、美少女・陰麗華らと共に勉学に励んでいた。数年後、各地で反乱が起き、劉秀は兄の劉縯(りゅうえん)と共に挙兵、陰麗華も男装し劉秀と共に戦い名声をあげた。しかし、仲間の劉玄が更始帝として即位すると、劉縯を殺し、劉秀を河北へと追いやってしまう。更には、河北の支配者・王郎が劉秀の首に懸賞金を賭けたことで、劉秀は苦境に立たされる。僅かな部下を率いて、河北を転々とする劉秀だったが、その道中で、幼少期より憧れつづけた女性・陰麗華と結婚。ひとときの幸せを味わっていた。その後、河北の真定王・劉楊の姪との政略結婚を転機に、劉秀はその勢力を拡大していく・・・。

引用元
https://www.ch-ginga.jp/

 

光武帝といえば、新王朝を滅ぼし、漢を復興したことで有名(後漢)。

また、領土を広げた中国でもいまでも讃えられる名皇帝です。

曹操も光武帝を尊敬しているといっていたほど。

 

「柔よく剛を制す」は光武帝の言葉なんですね!

知らなかった。

 

そんな光武帝が幼い頃から思っていた、陰麗華とのラブロマンスです。

妻を娶るなら陰麗華という言葉があるように、夫を支えた物語としてとても有名。

 

日本で言うと、司馬遼太郎先生の功名が辻のようなものでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

キャストは?

 

キャストをご紹介!

 

画像元
http://entalibrarycoffee8.seesaa.net/

 

陰麗華(光烈皇后)役:ルビー・リン(林 心如)

 

台湾のトップ女優!

台湾のドラマだけではなく、中国のドラマにも最近進出しているんですね。

歌に演技にプロデューサーと、その無敵ぶりが加速しています。

 

画像元
https://baike.baidu.com/

 

劉秀(光武帝):袁弘(ユアンホン)

 

中国武漢生まれの俳優さん。

宮廷女官若曦(ジャクギ)での出演が有名ですね。

 

今回は主演に大抜擢。

それは、もうイケメンだと好評なのです笑

 

主題歌や曲は?

 

主題歌を調べると、主演のルビーリンさんが歌っています。

その名も、紅顏江山!!

 

さっそく聞いてみましょう。

 

 

ちょっと声が子供っぽいかなと思ってしまいますが、みなさんはどうでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

ネタバレも!

 

最後にネタバレを!

 

お話がどこまで進んでいくかというと・・・

陰麗華が皇后に冊立されるところまでですね。

 

最初は中国の戦国モノ、任侠モノとして進んでいくのですが、回を追うごとに宮廷モノとなっていくようです。

史実に忠実なところが多いと本国でも評判でした。

 

まとめ

 

ということで、秀麗伝~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~についてでした!

 

チャンネル銀河さんの8月はとにかくアツいです。

本作と、月に咲く花のごとく、そしてもう一作「昭王」も日本初放送。

これはもう釘付けですね。

 

そんなチャンネル銀河を見るには、下記スカパーがお得ですよ!

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

スポンサードリンク