にーはお!fumiです!

 

スペインのスーパースター、イニエスタ氏加入後、思うように成績を上げることができず、J1のヴィッセル神戸は監督を解任

新しく監督になったのは、スペイン人なのです!

その名も、フアンマヌエルリージョ監督です!

 

画像元
https://www.iza.ne.jp/

 

一体どんな人物なのでしょうか?

みてみましょう!

 

スポンサードリンク

 

フアンマヌエルリージョ監督の経歴やプロフィールは?

画像元
https://www.soccer-king.jp/

 

まずは、経歴から!

 

本名 フアン・マヌエル・リージョ・ディエス
Juan Manuel Lillo Díez
ラテン文字 Juan Manuel Lillo
国籍 スペイン
生年月日 1965年11月2日(52歳)
出身地 トロサ
身長 198cm

引用元
https://ja.wikipedia.org/

 

リージョ監督は、サッカー選手として活躍していたわけではありません。

最初から指導者を志し、なんと16歳でその道に進んだといいます。

 

1981年からそのキャリアは始まり、今まで歩んだクラブの総数は20以上!

そのほとんどが、スペインのリーグになりますが、メキシココロンビアのクラブでも指導経験があるんですね。

 

スポンサードリンク

 

どんな人物?評判は?

 

その弟子には、グアルディオラ監督がいます。

グアルディオラ氏は就任1年目にしてスペインサッカー史上初となる3冠を達成した監督として有名です。

さすが、監督としての経験が長いということもあり、監督を育てるのが上手な方といえそうです。

 

しかも、グアルディオラ氏の現役最後は、リージョ監督のもとでプレーしたいとメキシコにわたったほど。

 

ということで、ツイッターでその評判をみてみましょう!

 

 

 

 

かなりの人物ということはわかりましたね・・・

 

戦術について!

 

戦術についてをみてみると、神戸が目指すのはルセロナのような攻撃的なポゼッションサッカーです。

つまり自チームがボールをキープし、支配率を高めて攻撃してくサッカーのことですね。

 

そのために、イニエスタ氏を招へいし、今回もスペインサッカーの監督を招へいしています。

4-2-3-1のシステムを最初に考えたのもリージョ監督であり、その戦術はスペインのサッカーを体現しているといえるんですね。

 

また、バルセロナを指揮する監督もリージョ氏に相談するほど、世界中の指導者から尊敬を集めているということなのです。

 

まとめ

 

ということで、ヴィッセル神戸の新監督フアンマヌエルリージョ氏についてでした!

 

これは期待大ですが、たしかにリージョ氏自体に抜群の実績があるわけではありません。

現在のヴィッセル神戸の実力を考えながら、うまくいい方向へもっていくことができるのか、気になるところではありますねー

 

それでは!

 

スポンサードリンク