にーはお!fumiです!

 

歴史に秘められたもう一つの三国志のストーリーが始まります・・・

 

画像元
https://twitter.com/

 

その名も、三国志Secret of Three K!!

このポスターもおしゃれです・・・かなり。

 

これは気になるドラマが登場!

日本初放送ですよ!

 

スポンサードリンク

 

三国志Secret of Three K(シークレットオブスリーK)のあらすじは?

画像元
https://bangumi.skyperfectv.co.jp/

 

まずはあらすじからみてみましょう!

 

後漢の末期。群雄が割拠する乱世の中で、曹操(そうそう)がその勢力を伸ばしていた。曹操は、そのお膝元である許都(きょと)に漢の皇帝・献帝(けんてい) 劉協(りゅうきょう)を囲い込み、傀儡となった皇帝を通して諸侯に命を発していた。一方、都を遠く離れた温(おん)県で司馬(しば)家に預けられ育った劉平(りゅうへい)は、突然父が自分を許都に連れ戻しにきたことに戸惑う。さらに自分が皇帝 劉協の双子の弟であり、病弱な皇帝が密かに劉平と入れ替わって衰退した漢王朝を復興させようとしていることを聞かされ、衝撃を受ける。しかし、劉平が許都に着いた時、すでに劉協は息絶えていた。何も分からぬまま、漢王朝を守るため、献帝を演じることになった劉平。劉平を追いかけてきた幼なじみの司馬懿(しばい)と共に、劉平は献帝として、漢王朝を復興し天下の民に太平をもたらすための戦いに足を踏み入れていく…。

引用元
http://www.eigeki.com/

 

このドラマの特徴はあるひとつのフィクションを前提に、お話を展開していきます。

それは「漢王朝最後の皇帝献帝に双子の兄弟がいた」ということなんですね。

 

本当の皇帝と入れ替わって、勢力を伸ばしてきている曹操を迎え撃つ・・・

これはなかなか面白そうな設定です。

 

そもそも献帝というおくりな自体が王朝を献上したからという意味だと思うので、ちょっと無理があるかもしれませんが、そこも楽しみましょう笑

 

スポンサードリンク

 

原題は?

 

原題は、「三国機密之潛龍在淵」です。

 

機密は秘密という意味がありますね。

また、政治上・軍事上の秘密という意味も。

 

この入れ替わっているという大きな秘密がいったいどういう風に作用していくのか・・・

 

そして、潛龍在淵についてはこれは難しいのですが、どうやら中国語の慣用句みたいなものです。

意味は準備を怠ってはいけない。

直訳すると、谷底にドラゴンが隠れているとの意味。

 

うーん、意味深です。

 

放送はいつ?

 

放送については、衛星劇場で日本初放送されます。

2018年09月25日23:00からスタート!

 

全54話にもなり、かなりの長編です。

海外のドラマは長く楽しめるのが魅力の一つですよね。

 

衛星劇場はスカパー!からチェック可能です!

 

キャストをご紹介!

 

キャストについて!

 

ここでは主要の三人をご紹介!

 

画像元
http://china8.blog82.fc2.com/

 

劉平/劉協役:馬天宇

 

これは、またイケメン俳優の登場!

日本では、古剣奇譚の出演が有名ではないでしょうか。

その時は主演ではなかったですが、今回の主演で日本のみなさんにも知名度が高くなることは間違いないでしょう。

 

画像元
https://twitter.com/

 

司馬懿役:韓東君

 

なるほど、イケメン俳優をたくさん起用し人気爆発の意味がわかりました笑

有名ドラマ「神雕侠侣」にて2014年にデビュー。

本国ではかなりの肉体派俳優として知られています・・・!

今回は曹操の名参謀。司馬懿を演じます!

 

画像元
https://twitter.com/

 

伏壽役:万茜

 

そして、ヒロイン役は万茜さんです!

役どころは献帝の皇后ですね。

かなりの重要な役どころになります。

日本でも大ヒットした、麗王別姫~花散る永遠の愛~での出演が記憶に新しいところですねー!

 

スポンサードリンク

 

ネタバレについても!

 

ネタバレについて調べたところ・・・

 

小説が原作なのですが、どうやら小説の最後とあまり変わらないとのことなんですね。

そして実話とも・・・

 

結局、曹操が勝つということですが、献帝は一矢を報いることができるのか!?

注目です。

 

まとめ

 

ということで、三国志Secret of Three Kについてでした!

 

イケメンと時代劇・・・いやぁーあいますよね!

これはフィクションも含んでいるので、三国志ファンだけではなく広く楽しめる内容になりそうです!

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

スポンサードリンク