にーはお!fumiです!

 

10月は日本初放送の中国ドラマが目白押し!

今回取り上げるのは、永遠の桃花~三生三世~です!

 

画像元
https://www.lala.tv/

 

中国歴代の歴史ドラマの視聴率第一位というとんでもない作品!

永遠の愛を誓うラブロマンス劇の始まりです!

 

スポンサードリンク

 

永遠の桃花~三生三世~のあらすじは?

画像元
https://ameblo.jp/

 

まずはあらすじからみていきましょう!

 

青丘を治める九尾狐族の子孫の娘・白浅(はくせん)は、男装して身分を偽り司音(しいん)と名乗り、天族の聖地・崑崙虚にやってくる。そして、彼女は師匠である武神・墨淵(ぼくえん)の17番目の弟子として修業を始める。それから2万年後、均衡を保っていた天族と翼族との戦いが始まり、墨淵は翼族の王・擎蒼(けいそう)を封じるために犠牲となる。悲しむ司音はひそかに彼の亡骸を引取り、青丘へと戻る。
司音が白浅に戻って7万年が経った頃、封印が説かれそうになった擎蒼を再び封じようとした白浅は反撃にあい、すべての力と記憶を失い人間界に落ちる。そこで、白浅は墨淵にそっくりの風貌をした夜華(やか)と偶然出会う。夜華に素素と名付けられた白浅は、彼と愛しあうようになるが……。

引用元
https://www.lala.tv/

 

なるほど。

方向性としては、中国の世界観をキープした、ファンタジーものになります。

ということで、ファンタジーが舞台ということであれば、昨年放送され大ヒットしたドラマ擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~」に近いかもしれませんね。

ですが、世界観はもっともっと儚く、「酔麗花~エターナル・ラブ~」の要素もあるかと思われます・・・

 

うーん、面白そう。

 

上記のドラマは下記でチェック!

原題は?

 

原題については、三生三世十里桃花とのこと。

 

三生三世は副題でも残っていますね。

まさに、何度生まれ変わっても同じ人を愛するという非常にロマンティックな意味なのです。

 

十里桃花の意味は、十里にも広がる桃の花。

ですので、まさに今回の邦訳は、直訳されていて、意味としてもぴったりということでしょう。

 

スポンサードリンク

 

キャスト(出演者)は?

 

そして、キャストについて!

今回のキャスティングはまさに豪華の一言です。

 

画像元
https://style.udn.com/

 

白淺上神役:楊冪(ヤン・ミー)

 

1986年生まれ、32歳の女優さんですね!

現在、中国ドラマではスター的存在で、史劇からラブコメものまで幅広くこなします。

「私のキライな翻訳官」「神雕侠侶」の出演は非常に有名!

今回もヤンさんの美しさに見とれましょう!

 

詳細はこちらからどうぞ!

 

画像元
https://www.setn.com/

 

墨渊/夜華役:趙又廷(マーク・チャオ)

 

天族の皇太子役にはマーク・チャオさん!

なんだか雰囲気が全然ちがいますね!

やはりカツラは偉大です・・・苦笑

 

マークさんは実はあまり日本で放送されているドラマでの出演はないんですね。

映画作品では、「ハーバー・クライシス 都市壊滅」が有名です。

演技派と言われ、その演技は高い評価を受けています。

 

詳細はこちらからどうぞ!

 

ネタバレ最終回は?

 

最終回はどうやら衝撃の結末を迎えるようです・・・

(ネタバレが嫌な方は飛ばしてください)

 

 

 

中国語のサイトをちらっとみると、最後は夜華が白浅の腕の中で死んでしまうと・・・!?

悲劇的な終わり方になるのか・・・

これは最終回まで目が離せませんね。

 

まとめ

 

ということで、永遠の桃花~三生三世~についてでした!

 

これはまた、楽しみなドラマの登場!

演出は、「花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~」でおなじみのリン・ユーフェンさんということですから、あの世界観が好きな方はまさにぴったり!

 

続きが気になる!という方はU-NEXTでも配信中なのです!

こちらから早めにチェックしちゃいましょう。

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

スポンサードリンク