にーはお!fumiです!

 

富士通PCを利用している方には驚きのニュースが入ってきました。

 

画像元
https://www.asahi.com/

 

なんと富士通PCのバッテリーより発火の恐れがあるというのです!

一体どういうことなんでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

発火の理由はなぜ?原因は?

画像元
http://ascii.jp/

 

まずは、なぜ発火の恐れがあるのでしょうか?

 

今回の主な原因としては、バッテリーへの異物混入と過度な充電による圧力上昇とのこと。

 

過去にはこれが原因で発火をしたPCは45件発生。

パックの交換と回収を実施してはいたそうですが、さらに被害が出る可能性があるため、今回のよびかけに踏み切ったのです。

 

スポンサードリンク

 

対象のPCは?

 

対象のPCですが、その数がかなり大きく、約1712万台とのこと。

実に日本の人口の約10%以上の数のPCが対象になるんですね。

 

作業中に発火したらたまったものではありません・・・

 

2010~16年に販売を始めた機種のほぼ全てであり、対象ブランドは下記の5つです。

 

「LIFEBOOK」

「FMV―BIBLO」

「FUTRO」

「CELSIUS」

「STYLISTIC」

 

富士通PCをお持ちの方はすぐチェックしましょう。

 

ちなみに、この台数国内向けのみなのかどうかはわからないんですね。

これが海外向けも入っていれば莫大な費用がかかりそうです・・・

 

対策について!

 

対策については、事故を防ぐためのソフトウェアを、11月上旬からマイクロソフト社を通じて配信すると発表しました。

そのソフトウェアの更新で発火が抑えられるとのこと。

 

オーバーヒートを抑えれるソフトウェアということでしょうか??

異物混入については防ぎようはなさそうですが、過度な充電については防げそうです。

つまり、PCを充電したまま放置しないなどの対策はとれそうですね。

 

スポンサードリンク

 

みんなの世論

 

 

 

 

 

まとめ

 

ということで、富士通PCの発火の恐れについてでした!

 

みなさん、そのあまりの台数の多さに唖然としているようすです。

そして、自分のPCも!と気づく方多数なんですね。

 

またこれだけのPCの多さだと、1企業の会社用PC丸々というケースもありそうです。

富士通・・・やばいですね。

 

それでは!

 

スポンサードリンク