にーはお!fumiです!

 

先日(4/20)放送された、テレビ東京系の「カンブリア宮殿」にて叶匠壽庵という和菓子のお店が取り上げられました!

 

画像元
http://niwatasu.jp/kanou/

 

こちらのお店ですね、かのうしょうじゅあんと呼びます!

 

もちもちのつぶあんやきんつばが有名だということですが、和菓子界のソニーと言われている会社さんのようです。

つぶあんのイノベーションをガンガン起こしているのでしょう!

 

今日はこちらのお店の有名商品あもについて取り上げてみます!

 

スポンサードリンク

 

叶匠壽庵のあもとは?通販や値段は?

 

画像元
https://www.kanou.com/products/detail.php?product_id=4

 

こちらがそのあも!です。

 

はて、あもってあんまり聞いたことありませんね。なんじゃらほい。

丹精込めて炊き上げた小豆と、やわらかな求肥を合わせた極上の棹菓子です。

引用元
https://www.kanou.com/products/detail.php?product_id=4

とHPにはあります。

 

ここでもまた謎が増えましたね。求肥って何?

私が知識不足なだけということもありそうですが苦笑

求肥(ぎゅうひ)は和菓子の材料のひとつで、白玉粉または餅粉に砂糖水飴を加えて練りあげたものである。牛皮牛肥とも表記する。

蒸したもち米を搗くことで粘りを出す餅に対し、求肥は粉にしたもち米に水と砂糖を足して火にかけて練ることで粘りを出す。餅は冷めると硬くなってしまうが、生地粉に対して大量の砂糖や水飴が使用されているため(白玉粉または餅粉1に対して砂糖2、水飴1の配合が多い)、糖のもつ保水性により製造してから時間が経過しても柔らかく、食べる際の加熱調理が不要である。和菓子やアイス菓子など、常温あるいは低温で食す菓子類に広く利用されている。

引用元
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%82%E8%82%A5

さすが、wikipedia大先生です笑

 

要するにもうすでにちょっと甘い白玉粉や餅粉のようなものらしいです。

またもち米とはちがう、もち米に小豆でおはぎですから、そのへんに 叶匠壽庵さんのこだわりが見え隠れしていそうです。

 

さすが、イノベーターふむふむ。

お値段は、1棹、1,188円(税込)ひとさおというのは羊羹で使うような単位のようです。

 

単語がなるほど、難しい。

店舗は滋賀県や京都や東京にあるのですが、(そのほか百貨店にも)なかなか遠方で食べられない方のために通販もあります!

通販はこちらからどうぞ!

 

http://www.kanou.com/products/detail.php?product_id=4

 

 

購入可能です!

 

スポンサードリンク

 

カロリーは?

 

カロリーについては、色々調べてみたところ、100gあたり約244kcalで、1棹で約854kcalということですね。

 

前述の写真ぐらいですと、約50gぐらいで、130kcal程度といったところでしょうか!?

和菓子は洋菓子よりもカロリーは抑え目ですので、食べるなら和菓子とジムの先生に言われたことがあります笑

 

しかし、1棹一気にいくと結構高カロリーですので、ちょっとづつ食べましょう笑

 

その他のメニュー

 

そのほか、水羊羹夏の玉露地と呼ばれる和菓子や、メニューは豊富にあります。

ぜひとも全部食べてみたいものです笑

そのほかの商品のリンクも貼っておきますね

http://www.kanou.com/products/

 

それにしても、みつまめなんてしばらく食べていないですね。

お盆の時期が近くなるとよくみつまめなんて食べていたものです。

少年時代を思い出します笑

 

まとめ

 

今回は、和菓子界のイノベーター叶匠壽庵さんを取り上げてみました。

今若い女性に人気ということで、和菓子ブームの火付け役となるのかどうかというところですね。

 

私も普段どうしてもパンや洋菓子系を食べる機会が多いですので、これを気に食べてみたいです!

 

中国に住んでいたのですが、中国でもみたこともないような謎のお菓子がたくさんありました。

世界のお菓子を食べまくる旅行もおもしろそうです。

太るだろうけど笑

 

それでは!

 

スポンサードリンク