にーはお!fumiです!

 

昨日、仙台市長に当選した、郡和子氏を取り上げましたが今回はその市長選で惜しくも敗れた方を取り上げたいと思います!

(郡和子氏の記事は下部にリンクしています)

 

 

画像元
http://spysee2.jp/

 

菅原裕典(ひろのり)氏です!

 

ユニークな経歴の持ち主で、ネットでも話題にのぼっているようなんですね!

 

その経歴を中心に調べてみたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

菅原裕典氏の経歴は!?高校や大学!

 

画像元
http://e-kaisya.co.jp/?p=2854

 

菅原裕典氏は1960年5月7日仙台市うまれ

 

 

菅原氏は株式会社清月記の社長さんなんですね!

清月記は葬儀社です!

 

なんだかもはやユニークですよねー

 

もともとお父さんの実家が葬儀社で、

菅原氏も中学時代からお手伝い。

高校時代もずっとアルバイトをしていたんですね。

 

学校は、中学から大学一貫の東北学院だったということ。

東北学院はキリスト教系ですので、そういった生死に関わるお仕事に興味を持つという土壌があったのかもしれません。

(日本の葬儀とキリスト教系だと宗教は違いますが)

 

その後、25歳でお父さんと起業。

いまでは従業員300人を超える事業へと発展しています。

 

菅原氏はこう語っていますね。

 

菅原社長は、「人間にできないことは何もなく、人間は未知の力を持っている。“できるできない”の線引きをしているのは自分であり、線引きをしてしまえばそこから成長はできなくなる。」と力強くいいます。
さらに菅原社長は、「人間は皆平等に時間を与えられており、その時間を毎日無駄なく使いきる人は大きな価値を生み、その後どう成長できるのか、どの道を歩むかが変わってくる。」と話します。

引用元
http://www.wakatsuku.jp/2878/

 

 

バイタリティ全開!

 

まさに一代叩き上げ創業者といった感じですよね!

地元でも有名らしく葬儀だけではなく、地元の団体のセレモニーなんかも運営実施している会社のようですね。

その時代に培った人脈を活かし、今回出馬をしたのですが・・・

 

 

今回の市長選で戦った、郡氏も地元での知名度は抜群!といった感じでしたし。

元アナウンサーVS 地元の葬儀屋さんの対決だったんですね。

 

スポンサードリンク

 

 

菅原裕典氏の家族について!

 

菅原氏の家族については、

奥さんとお子さんが3人います。

息子さんがふたりと娘さんがひとり。

長男はすでに結婚されているということでしたが、あまり情報はありませんでした。

 

息子さんが会社にいるのかどうかもわかりませんでしたね。

息子さんが今後会社を継いでいくということもあるのかもしれません。

 

もし、今回仙台市の市長になった場合は社長交代などがあった可能性も高いですよね。

 

 

まとめ

 

ということで、菅原裕典氏についてでした!

 

ちなみに仙台市長選の公約をみると、「100年住み続けたい町・仙台」をテーマにかかげ、研究機関を誘致するとありましたね。

また、創業者という経験を活かし、起業家を支援するプロジェクトを立ち上げるというのもありました。

今回は惜しくも敗れましたが、菅原氏にはまた選挙にチャレンジしていってほしいですよね!

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

 

スポンサードリンク