にーはお!fumiです!

 

朝起きたら、こんなニュースが!!

 

画像元
https://uridoki.net/car-navigation/kiji_41956/

 

 

 

関西地方などで、おととしからことしにかけて、止めてあった車が焼ける火事が相次ぎ、このうちことし5月に兵庫県と神奈川県で起きた火事2件について、車内のドライブレコーダーに内蔵されたリチウムイオン電池から出火した可能性の高いことが消防などへの取材でわかりました。いずれも東京の無線機器メーカーの同じ機種で、メーカーは製品のリコールを届け出て、4日から交換などを受け付けることにしています。

引用元
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170904/k10011125621000.html

 

ユピテル社のドライブレコーダーに内蔵しているリチウム電池から出火が続いている可能性が高いということなんですね。

 

これは大問題ですね・・・

 

ということで、今回はこのユピテル社のドライブレコーダーの出火の原因を調べました!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

ユピテルのリチウム電池から出火はなぜ?

 

画像元
https://www.amazon.co.jp/

 

リコールの対象となるのは東京の無線機器メーカー「ユピテル」のドライブレコーダー、「DRYーFH200」で、平成24年から25年にかけて販売されました。

引用元
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170904/k10011125621000.html

 

 

今までにこちらのリチウム電池が原因で出火したのは合計4件確認されています。

 

今回の件を受けて販売元のユピテル社はリコールを実施しました。

「DRYーFH200」が対象機器なんですね。

 

 

製品はなんと今までに9万台を販売!!

これは結構な規模のリコールになりそうです・・・

 

この出火の原因としては、リチウム電池ということなんですね。

 

今までも100件以上、リチウム電池が膨張する、熱くなるなどの苦情があった模様。

 

 

また先日からリチウム電池のトラブルは相次いで起きていて、飛行機に採用されていたリチウム電池が出火し、採用されていたボーイング787型機は4ヶ月間運行停止に。

 

 

先日話題になったサムスンのギャラクシーノート発火事件についてもこのリチウムイオン電池が原因でした。

 

 

リチウムイオンポリマーバッテリー搭載製品をお使いの場合、バッテリーの劣化に伴い、バッテリー内部で発生するガスによりバッテリーパックが膨張することがあります。これはリチウムイオンポリマーバッテリーの特性です。
バッテリーパックは密閉されており、外部にガスが漏れることはありません。

引用元
http://exgalaxylab.com/?p=13216

 

 

上記は携帯電話のリチウム電池の内容なので、すべてが一致するわけではありませんが、大体は同じ原理でしょうか。

 

禍充電や劣化によって電池内部にガスが発生するため膨らむ模様。

 

ちなみに、ギャラクシーノートの場合はバッテリーケースが小さかった接触に不具合があったというのが原因でした。

 

 

今回の件についてもそういった製造過程での不具合の可能性が高いですね。

 

リチウムイオン電池は我々の生活にとってかかせないものになってきていますが、一方では時限爆弾を抱えているようなものだという声もあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

みんなの世論

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

ということで、ユピテル社のリチウムイオン電池についてでした!

 

怖いですねー爆弾を抱えているなんて・・・

 

そういえば携帯電話についても使い続けると熱くなります

 

やはりそれがいきすぎると発火になったりもするということで、背筋が凍る思いです・・・

 

ちなみに今回のドライブレコーダーについてのお問い合わせ先は「0120-027-515」(リコール問い合わせ専門窓口)ということですので、ご確認ください!

 

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

 

 

スポンサードリンク