にーはお!fumiです!

 

こんなおめでたいニュースが入ってきました!

 

画像元
https://www.daily.co.jp/

 

高円宮家の三女、絢子(あやこ)さまと、日本郵船勤務の守谷慧(けい)さん(32)との結納にあたる「納采(のうさい)の儀」が12日、赤坂御用地(東京・元赤坂)の高円宮邸で執り行われた。

これにより、ご婚約が正式に決まる。今後は9月に結婚式の期日を伝える「告期(こっき)の儀」などを経て、10月29日、明治神宮(東京都渋谷区)で結婚式が行われる。

引用元
http://news.livedoor.com/

 

婚約に内定していた、絢子さまが守谷慧さんと結納をし、来月の結婚式を迎えることが判明しました!

 

一方、小室さんのほうは順調にいかなかったので・・・

これは嬉しいニュースですね!

 

スポンサードリンク

 

守谷慧(もりやけい)の学歴や経歴は?

画像元
http://emolabo.com/

 

名前: 守谷慧 (もりや けい)
生年月日: 1986年3月24日
最終学歴: 慶應義塾大学 文学部
職業: 日本郵船株式会社

 

いやー爽やかそうな好青年という感じが伝わってきますよねー

 

守谷さんの経歴は非常にグローバルで、幼少期はフランスのパリの幼稚園に通い、大学時代にはオックスフォード大学に留学経験もあります。

まさにエリート!

完璧な学歴です。

 

ワタシの友人に日本郵船に勤務している人がいましたが、会社はエリートや帰国子女が多い環境とのこと。

世界を股にかける運送業ですからねー

 

また、社内には、元徳川家の関係の集まりがあったりなど、まさに日本の新旧為政者の繋がりを持つこともできると聞いたことがあります。

守谷さんはそういう環境に身を置いていたということですね。

 

スポンサードリンク

 

性格や人柄は!?

 

そして、気になるのが、守谷さんの人柄。

絢子さまは、

「守谷さんのとにかく穏やかな人柄に惹かれた」と言っているんですね。

 

調べると以下の情報が出てきました。

 

・酒に強い。

・仕事はしっかりこなす。

・NPO法人で理事を任せられるなどの責任感が強い。

 

酒は強いけど、穏やかな人柄と聞けば、酒癖も悪くないのでは?と想像してしましますね。

後述しますが、NPO法人「国境なき子どもたち」の理事を務めてらっしゃいます。

 

これはお母さんが勤めていた関係がありますが、この年齢で働きながらボランティア活動はなかなかできることではありません。

出来る人に仕事は集まってくるので、会社でも忙しいだろうし・・・

 

そういった仕事だけではなく、世界の問題に取り組む姿勢にも絢子さまは惹かれたのかもしれませんね。

 

母が急逝している!?

画像元
https://mainichi.jp/

 

そして、最後に守谷さんの両親についての情報を。

 

お父さんは元官僚になります。

守谷治(もりや おさむ)さんといい、東京大学・経済学部を卒業、通商産業省に入省し、2006年に経産省を退職。

現在は「日本アルコール販売」の幹部を務めているとのことです。

ちょっと天下りの匂いがしますね笑

 

お母さんは、守谷季美枝(もりや きみえ)さん。

早稲田大学・第一文学部を卒業。フランスに在住中「人手が足りないから手伝ってほしい」とお声がかかり、国境なき医師団での活動を始めます。

その後国境なき医師団の教育部門として創設された「国境なき子どもたち」の創設メンバーになります。

これが守谷慧さんが理事を勤めるNPO法人ですね。

 

しかし、この「国境なき子どもたち」の活動中、2015年6月にカンボジアへ出張中に倒れそのまま帰らぬ人になってしまいました。

通夜、葬儀についてはバンコクで行われたとのこと。

 

その死因についてはわかっていませんが、病気で亡くなったとのこと。

持病があったのかもしれませんし、現地の流行りの病にかかってしまったのかも。

しかし、その母親の意思は慧さんが立派に継いでいるんですね。

 

まとめ

 

ということで、守谷慧さんについてでした!

 

二人の出会いのきっかけもこのNPO法人での出会いがきっかけです。

お母さんが若くして亡くなってしまったことは残念ですが、その活動が慧さんの人生の方向を決めたといっても過言ではありませんね。

結婚式も楽しみです!

 

それでは!

 

 

スポンサードリンク