にーはお!fumiです!

 

胸の痛むような事件が発生しましたね。

画像元
https://bungu-uranai.com/

 

元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)が東京都練馬区の自宅で長男(44)を殺害したとされる事件で、熊沢容疑者が警視庁の調べに対し、「長男は引きこもりがちで、家庭内で暴力を振るうこともあった」という趣旨の供述をしていることが同庁への取材でわかった。「周囲に迷惑をかけたくないと思った」とも話しているという。

引用元
https://www.asahi.com/

 

元農水次官のエリートの熊沢英昭容疑者が、長男の熊沢英一郎(くまざわえいいちろう)さんを殺害。

 

被害者の英一郎さんはどんな人物だったのか!?

 

 

熊沢英一郎(くまざわえいいちろう)の顔画像は?

 

まずは顔画像から!

画像元
https://rockyrocky.work/

 

完全に父親似ではありますよね。

 

それにしても悲しいのがその名前。

英一郎さんは、父親の英昭容疑者から一文字「英」をとっているんですね。

それくらい、親の期待が大きかったということなのか。

 

この名前をつけたときはこうなるとはだれが予想したでしょうか。

 

 

経歴やプロフィールは?職業も!

画像元
http://www.news24.jp/

 

経歴をみてみましょう。

 

名前:熊沢英一郎

生年月日:1975年3月20日

学歴:代々木アニメーション学院アニメーター科卒

 

と、学歴を見てみると、アニメ―ターを目指していたことがわかります。

職業はアニメーターなのかと思いきや、無職だったようですね。

いわゆるオタクで、家に引きこもっていたということがわかります。

 

事件前には、運動会の音がうるさいという英一郎さんを注意したことも判明。

完全に親子のコミュニケーションが長らくできていなかったということが想像できます。

 

 

性格や人柄は?

 

最後に性格をみてみましょう。

 

これだけを見てみると、

いい年をして実家にいて、引きこもり、家庭内暴力をふるう英一郎さんが悪いように思いますが、

エリートの家だけに、子供のころからの教育にも原因があったと思われます。

 

それが修正できなくなってしまい、いきつくところまでいってしまった・・・

ということでしょう。

 

仕事はできても子育ては難しいものですね。

 

まとめ

 

ということで、熊沢英一郎さんについてでした!

 

全く痛ましい事件です。

今後もっと詳細が判明しそうですね。

注目です。

 

それでは!