にーはお!fumiです!

 

今回は台湾の話題!

 

私も台湾時代はよく通ってました・・・

 

画像元
http://4.bp.blogspot.com/

 

 

日本にもある台湾カフェチュンスイタン(春水堂)のタピオカミルクティーについての味やカロリーについて調査してみました!!

 

 

台湾カフェ春水堂って?

 

台湾カフェ春水堂の一号店は台湾の台中市にあります。

なんとこのお店、タピオカミルクティーの発祥の店なんです。

中国語で、タピオカミルクティーは珍珠奶茶(じぇんじゅーないちゃー)といいます。珍珠はタピオカの意味です。真珠のキラキラしたようなイメージがあります。

 

創業1983年、台湾で45店舗を展開するお茶専門カフェ。
タピオカミルクティー発祥の店として本場台湾で国民的な人気を誇っています。

時代に合わせた革新的なお茶の飲み方を開発する他、お茶の文化継承と味への追求を行うため「お茶マイスター」認定制度を設け、春水堂のドリンク作りは全て認定者が担当しています。

また、安全性と風味にもこだわり、防腐剤無添加の茶葉やタピオカ、オリジナルに
ブレンドしたシロップ作りも自社で手掛けています。

引用元
http://www.chunshuitang.jp/concept

 

日本にも2013年に代官山にオープンし、その後、東京を中心に現在まで9店舗あり、そして2017年6月ごろに大阪にも出店というニュースが入ってきています!

 

 

私は台湾に一年間いたのですが、春水堂は普通の飲み物やさんというよりもちょっとラグジュアリーなイメージですね。

食べ物も食べれますし、ちょっとゆっくりできる感じです。

ただ、内装のイメージが伝統中国っぽいからか木作りが多く、椅子が硬いんです。

それがちょっと難点かな。

 

スポンサードリンク

 

タピオカミルクティーは高カロリー?

 

画像元
https://www.fashion-press.net/news/gallery/30107/521098

 

ドドーン!!!

なんとおいしそうな!!!

しかし、このタピオカミルクティー、カロリーは約500kcalもあるというのです!!

毎度おなじみ牛丼計算ですが、吉野家牛丼並盛りで650kcal程度ですからね、一食分に相当します。

 

台湾時代には、よく周りでタピオカミルクティーを毎日飲んで太ったという声をたくさん聞きました。

気を付けないと・・・

 

スポンサードリンク

 

味はやっぱり!

 

美味しいです!

春水堂のタピオカミルクティーは甘さ控えめで(甘さも調節できます)

ちょっと大人の味がしますね。

春水堂はお茶にこだわっているからです!

 

素材と品質に対する徹底したこだわりが、春水堂のコアバリューです。使用する茶葉はすべて無添加。香料・フレーバー・防腐剤は一切使っていません。また、鮮度を持つために製造過程から配達まで、全てを低温状態で行い鮮度管理を徹底しています。店舗では常に品質を重視し、毎日気候や茶葉に合わせたお茶の仕込みを行い、オープン前にテストドリンクを作成して試飲し、お茶の品質を日々細かく調整しています。

引用元
http://www.chunshuitang.jp/concept

 

無添加というのはポイント高いと思います!!

 

まとめ

 

今回は台湾カフェのチュンスイタンについて書いてみました!

東京、福岡、そして今回大阪ときて、次は??

ぜひ我らが北海道札幌に来て欲しいものです。

 

やっぱり距離が遠いというのは不便なもんですね苦笑

 

スポンサードリンク