にーはお!fumiです!

 

先ほど取り上げたボラ族!

たくさんの方が気になっているようなので、第二弾として追加で取り上げたいと思います!

 

画像元
http://manmaru-sinbun.com/2006/05/post_410.php

 

 

写真はボラ族の祭りをとったものらしいのですが、

裸ではないですよね・・・笑

やはりボラ族とくに裸民族ではない節」が浮上してしまいます苦笑

 

 

スポンサードリンク

 

 

ボラ族の人種や人口は?どこにいる?

 

画像元
http://poyoland.jugem.jp/?eid=743

 

ボラ族のお肌をみると我々と同じ黄色人種かなぁーなんて思ってしまいますが、そうなのでしょうか!?

 

この南米にいた先住民はどこからきたのでしょうか?

 

この地にいつ頃人類が住み始めたのか、確かなことは分かっていないが、遅くとも11000年前には、ユーラシア大陸のモンゴロイド系の人々が陸続きだったベーリング海峡を渡り、南米大陸に到達したと言われている。

引用元
http://poyoland.jugem.jp/?eid=743

 

モンゴロイド系!

我々と全く同じですね・・・

 

つまり、アラスカとロシアがくっついていたときに、アメリカ大陸に入ったんですね。

北から横断して、その後南米大陸各地に散らばったという印象でしょうか。

 

ですが赤道などに近いこともあり、東南アジア系の人のような日焼けしたお肌になったということなんでしょう。

 

勉強になった・・・

 

また、眉毛についてですが、放送ではほとんど眉毛がありませんでしたね。

なぜないかについてはちょっと情報がありませんでしたので、引き続き調査してみます!

 

 

 

19世紀末には、およそ2万人いたとされるボラ族だが、今では9分の1(約2300人)まで減少。
さらに当時ボラ族が暮らしていたのはコロンビアの南部、襲いかかる様々な危険からのがれるため、500km以上離れた現在の場所まで辿りついたと言われている。

引用元
http://poyoland.jugem.jp/?eid=743

現在の人口は2300人ほど。少ないですよね・・・

コロンビアの南部から渡ってきたのは前回もとりあげたところです。

 

 

さて、その住む場所は?

 

 

アマゾン川の東側にある街なんですね。

ここからボラ族の住む(観光の?)の場所へいけそうです。

 

ツアーの予約は必須ですね。

http://asteltravel.com/?page_id=4280

 

こんなツアーを見つけましたが、自己責任で行ってくださいね(てるみくらぶの例もありますので苦笑)

 

ちなみに首都のサンティアゴからは飛行機で8時間程度。なんとも2,000km以上離れています!

 

チリは縦に長い!

 

スポンサードリンク

 

みんなの世論

 

 

 

 

 

まとめ

 

ということで、ボラ族について追加で調査してみました!

やはりワタシと同じく行ってみたい!という人がいてよかったです笑

 

個人的には旅行の際にはある程度現地にお金を落とさなきゃと思うので、お土産物を買うのもいいですよねー買いすぎはちょっとあれですが苦笑

 

ボラ族にボラれにいくのも悪くないような気もしますね笑

 

それでは!

 

ボラ部族は観光部族?ナスDがいい人でボラれる?その文化や歴史は?画像も!

 

スポンサードリンク