にーはお!fumiです!

 

今回も取り上げるのは、朝ドラ「半分青い」についてです!

 

画像元
https://woman.excite.co.jp/

 

主人公のすずめちゃんが愛読している漫画の作者としてたまに出てきた、秋風羽織が明日の放送で登場するというんですねー!

気になってはいましたが、秋風羽織とは何者なのでしょうか?

そして、モデルは?調査してみましたよー!

 

スポンサードリンク

 

秋風羽織(はおり)を演じるのは豊川悦司!

画像元
http://www.xn--gdk4ct16t.com/

 

明日初登場する秋風羽織ですが、演じるのは豊川悦司さんです!

なんだか見た目が怪しすぎて、みうらじゅんさんそっくりですが・・・笑

 

そして、このキャスティングにもある仕掛けが・・・?

そうです、朝ドラを多くみていると思われる奥様のハートをわしずかみなのです!

なぜなら、北川悦吏子×豊川悦司のコンビはドラマ「愛してるといってくれ」のコンビですからねー

どこかで常盤貴子さんも出てもらえないかなんていうのも思ってしまいます笑

 

モデルや元ネタは誰?

 

モデルや元ネタを調査してみたところ。

こちらは公式に発表されています。

 

漫画家のくらもちふさこさんがモデルとのこと。

 

画像元
https://books.rakuten.co.jp/

 

くらもちさんは主に1980年代に活躍した漫画さんで、ガラスの仮面でも有名な美内すずえさんのアシスタント経験もあります。

ふつうの女の子の心理描写を叙情的に描き、大ヒットを連発した漫画家さんです。

現在のすずめちゃんの年代ともぴったり一致していますよね。

 

しかし、なんでこうもモデルはこの人です!と公表しているかというと・・・?

 

スポンサードリンク

 

いつもポケットにショパンについても!

画像元
https://natalie.mu/

 

劇中に出てくる、秋風羽織作「いつもポケットにショパン」を。

なんとこちらは、実在の作品で、この作品の作者がくらもちふさこ先生なんですねー

 

 

幼馴染の須江麻子と緒方季晋は同じピアノ教室に通う仲だったが、季晋が中学進学と同時に西ドイツへ留学したため音信不通となる。別々の高校へ進学し再会を果たすが、季晋は麻子をライバル視して距離を置くようになっていた。その背景には共にピアニストだった2人の母親の因縁が関わっていることが明らかになる。自分のピアノの実力を過小評価していた麻子だが、徐々に才能を開花させていくことになる。

引用元
https://ja.wikipedia.org/

 

 

クラシック音楽が題材の作品。

クラシック音楽が題材と聞けば、「のだめカンタービレ」を思い出しますが、当時のクラシック音楽の漫画といえば、この「いつもポケットにショパン」をだったんですね。

 

なぜ作者が秋風羽織?理由や原因は?

 

なぜ、作者を架空の人物にしたのかは一切謎です。

 

作品は実際にあるのに。

たぶん、このいつもポケットにショパンをが非常に重要なキーになっていて、その作者を演じるのは俳優さんでなければだめだったなんていう理由がありそうです。

こちらも今後どういうふうに関わっていくかが気になるところですね。

 

まとめ

 

ということで、半分、青いに登場する秋風羽織についてでした!

 

見た目が完全に怪しいですよね笑

文中ではキーの人物と書きましたが、その見た目ゆえにもしかしてコメディ要員なのかも笑

オンエアをチェックしましょう!

 

そして、U-NEXTで面白ドラマをチェックしましょうー!

 

それでは!

 

こちらの記事もどうぞ!

 

スポンサードリンク